« クロカン開始 | トップページ | 『エストニア紀行: ――森の苔・庭の木漏れ日・海の葦』 »

2012年11月25日 (日)

『地球徒歩トボ-』、『人生ノート』

B12_2『地球徒歩トボ-「プラネットアース」で見た絶景』 尾形拳 著 岡田満世 写真 学研

 緒形拳さんの写真集。行き先はアメリカのサウスダコタ、サハラ砂漠、ボルネオ、メキシコ、そして太平洋の深海、北極。かつてある番組で緒形さんがガンジス川を見つめながら、「いずれは死ぬんだ」というせりふを言った後、「無一文」と書いた事を思い出しました。ちりばめられている直筆の短い言葉にも味があります。

 
41jxlbghpl_sl500_aa300_
 『人生ノート』 美輪明宏 著 パルコ出版
 この本の「まえがき」を読んだら面白くて、全部読んでしまいました。教育論とか結婚論については、なるほどと思い、気持ちが前向きなのに楽になりました。全体に美輪さんの深い人生の味が出ていますが、根拠無しに断定している所が少し気にかかります。

|

« クロカン開始 | トップページ | 『エストニア紀行: ――森の苔・庭の木漏れ日・海の葦』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/47975219

この記事へのトラックバック一覧です: 『地球徒歩トボ-』、『人生ノート』:

« クロカン開始 | トップページ | 『エストニア紀行: ――森の苔・庭の木漏れ日・海の葦』 »