« 江差「ぽんて」 | トップページ | AJ北海道忘年会 »

2012年11月30日 (金)

『アマゾン源流生活』

51ws95br2el_sl500_aa300_

『アマゾン源流生活』 高野 潤 著  平凡社
 アマゾン源流部に、30年間に亘って20回も訪れている著者の、アマゾンでのサバイバル生活方を綴ったエッセイ。アマゾン川と言ってもブラジルではなく、ペルー、コロンビア、ボリビアのアンデス地域の東側。
 まず第1章「ヘビと虫の洗礼」で、毒蛇、すさまじい蚊、マンタ・ブランカと言われるブヨ、ネジの様に入り込むダニ、かまれると火のように痛くなるアリなどが登場し、それだけで私には「無理」だと思ってしまう。
 しかし、それが分かっていながらも20回も通った著者が感じるアマゾン源流部の素晴らしさももちろん、感じることの出来る本です。

|

« 江差「ぽんて」 | トップページ | AJ北海道忘年会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/48041600

この記事へのトラックバック一覧です: 『アマゾン源流生活』:

« 江差「ぽんて」 | トップページ | AJ北海道忘年会 »