« 夜明けてしまったイワオヌプリ | トップページ | 『最後の冒険家』 »

2012年10月10日 (水)

アンヌプリから見る日の出

 昨日は日の出を見逃したのですが、敢えて目覚ましをセットしてまで暗く寒い中起きたいとは思っていませんでした。しかし、今朝は4時半ごろ自然に目覚めました。目覚めてしまったらしかたがりません。寒いけれども起きて用意をします。
 4時45分ごろ家を出て、ちょうど5時に五色温泉から登り始めました。空にはオリオンとシリウス、そしてアルデバランの近くに木星が、東の空には金星が、真上には月が輝いていました。今日も接地逆転層。倶知安で3℃が五色では6℃でした。
 ヘッドライトを点けて登ります。急がないと日が昇ってしまうかもしれない。ペースを早めて登ったつもりでしたが、34分もかかっていました。
 山頂では、まだ太陽はでていません。もう一人、一眼レフのカメラマンが既にスタンバイしていました。
Dscn2563
 そして、5時45分頃(札幌の日の出は5時42分)太陽が顔を出しました。
Dscn2565
 美しい。
Dscn2572
 デジカメで撮っていて、絞りを一瞬で変えることが出来ることに気づきました。空の明るい方に向けて半分シャッターを押してから対象を写せば絞られ、地面の暗いところで半分シャッターを押してから対象を写せば明るくなります。絞りの段階も何段階かあるようです。知らなかった。
Dscn2576
 上の4枚の写真はほとんど同じ時刻ですが、4枚目だけとても明るくなっている様に見えます。絞りを地面に向けてから写したためです。
 13分ほど頂上にいて、下山。ゆっくり下ります。途中、ワイスの私が密かに春スキーを楽しむ斜面と奥に日本海の海岸線が見えます。
Dscn2593
 さらに下って、モイワスキー場と蘭越方面です。これでも十分奇麗な景色です。
Dscn2594
  更に、昆布岳方面。
Dscn2595
 下りは33分。家に帰ってきても、6時半頃だったので、1.5kmのインターバル2本や坂道ダッシュなど、5kmほどランの練習をしてから出勤しました。
 

|

« 夜明けてしまったイワオヌプリ | トップページ | 『最後の冒険家』 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/47394693

この記事へのトラックバック一覧です: アンヌプリから見る日の出:

« 夜明けてしまったイワオヌプリ | トップページ | 『最後の冒険家』 »