« 味の「三喜」 | トップページ | 2012年8月のトータル、黒松内水泳大会 »

2012年9月 1日 (土)

羊蹄山2回登り

 今日は以前から一度はやってみたかった羊蹄山頂上2回登りをしました。今回の目的は、来週のNACトレランの練習と3週間後のルスツ6時間ロゲイニングと翌日の50kmトレランのベース作りです。

 スタートは倶知安コースから。朝8時前に登り始めます。気温がけっこう高く、汗が出ます。今日はかなりの人が入山しているようで、登り始めてすぐに「山ガール」の集団を抜きました。

 5合目付近でクロカン少年団のIコーチがご家族とゆっくり登られていました。

 7合目付近から涼しくなります。山頂の稜線に出ると、けっこう激しい南風でした。登り1時間58分で1回目の登頂。

Ts3k0678

 5分ほど休んで、喜茂別コースを下ります。実はこのコース、初めてです。ワクワクします。頂上直下は岩がありますが、このコース、走りやすい。

Ts3k0682  

 1600付近から石や岩がほとんど無く、下りもあまりストレス無く下ることが出来ます。下りが得意なトレランの選手ならば、とんでもないタイムで下ることが出来るのではないでしょうか。写真の様な山道が続きます。

Ts3k0681

 標高が下がると急激に暑くなってきます。水分が少し心配です。土の地面が続くので、標高が低くなってきたところで、下りでもポールを使いました。

 最後の砂利道をゲートまで下り、喜茂別側登山口に。下り1時間10分でした。

Ts3k0683

 写真を撮って登り始め。ここで、ハイドロシステムの他にウエストバッグに差し込んでいたキャメルの水筒が無くなっていることに気付きました。下りのどこかで落として来たようです。まだ半分くらい入っていた筈です。

 ここで水の残量が大変不安になりました。登りかえしの初めの方は傾斜もほとんど無く走れるはずですが、疲れてきたのと、発汗して水を多量に消費するのが恐くなってゆっくりになりました。

 喜茂別コースは登りも登りやすいです。標高750m付近の少し急な坂のところで、脇の笹にひっくり返っているボトルを見つけました。ラッキー。

 しかし、水筒を加えても水分残量は足りない。脱水になりかけていると思われますが、だましだまし登るしかありません。標高1200m付近で、下山する登山者のザックに満タンのペットボトルが見えたので、図々しくも「すいません、少し水を分けてもらえませんか?」と頼んでみました。その方は快く500mlの水を下さいました。ありがとうございます。本当に助かりました。

 登りのペースはどんどん落ちます。途中、喜茂別コースの下山途中ですれ違った若者3人組と逆の立場ですれ違います。「あれ、さっき下っていませんでしたか?」「はい、2回目の登りです」「何~!?」

 すれ違ってしばらくしたら下の方から。「冗談でしょう。おかしくて笑ってしまって止まらない~」という若者の叫び声が聞こえました。

 かなり遅いペースでしたが、登りやすいコースのためか、2度目の登りは2時間10分でした。元気な時ならば、喜茂別コースは1時間半くらいで登ることが出来るのではないでしょうか。

Ts3k0686  

Ts3k0687  

 二度目の山頂は20人ほど人がいました。倶知安コースの最初に抜かした山ガール軍団も下山を始めるところでした。(山ガールチームはいくつかあったので違うグループかもしれません)それにしても、何が楽しくて山なんかに登るのでしょう?

 下りは、けっこう疲れていて、さらに感覚の鈍い右足の親指が、とても痛くなってきました。どうやら爪が伸びていて圧迫され、死につつあるようです。(ちなみに左足の親指は九州600の時に黒くなり死んでいますが、まだなぜかはがれません)

 私としてはゆっくり下っても、一般の方から見るとかなり速い様でした。5合目で水分が完全に無くなり、気温もどんどん上がる中、登山口の水道を思いっきり飲むことばかり考えながら下山しました。

 下りは1時間31分でした。トータルで7時間12分。なんとか、羊蹄山頂上2回登りを達成することができました。気温や水分の影響もあったかもしれませんが、2回目の登りからヘロヘロでした。これを4回やるとか、考えられません。また、翌日同じことをするのがルスツ対策なのでしょうが、明日は下の子の水泳大会ですし、とてもやる気にはなりません。

 家に帰って、シャワーを浴びたときに、バスタブに倶知安の水道水をそのまま30cmほど入れ、下半身をアイシングしました。あれほど疲れていたのに、今、ほとんど筋肉痛がありません(明日以降に出てくるのかな?)。これは良いアフターケアの方法を知りました。

記録 比羅夫コース登り 1時間58分

    喜茂別コース下り 1時間10分

    喜茂別コース登り 2時間10分

    比羅夫コース下り 1時間31分

    トータル7時間12分。獲得標高3045m  

|

« 味の「三喜」 | トップページ | 2012年8月のトータル、黒松内水泳大会 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

2往復完走おめでとうございます。
やっちまいましたね。さすがです。
喜茂別コース良さそう。あと、アイシングも見習いまーす。

投稿: yamamoto | 2012年9月 2日 (日) 07時32分

yamamotoさんへ→
 ありがとうございます。人によって印象は違うのでしょうが、私には喜茂別コースが4コースで一番、次が京極コースという感じです。
 アイシングは当日は効果がありましたが、今になって筋肉痛が始まりました・・。

投稿: kiyatchi | 2012年9月 2日 (日) 20時55分

お疲れ様でした.
NACの1週間前に,羊蹄山を2往復する根性に驚愕です.

2往復が可能なら,4往復も大丈夫だと思います.
いけますよ.

喜茂別,京極の両コースは,人があまり入っていないせいか,登山道が柔らかく,特に麓近くは,気持ち良く走れますよね.
ただ,4回目の登りになった時,ひたすら登るコースプロフィールは,なかなかこたえます.
まあ,どのコースでも,4回目になれば,つらいのかもしれませんが...

NACでお会いしましょう.

投稿: snufkinjr | 2012年9月 3日 (月) 09時00分

snufkinjrさんへ
二回登った後に、UTMAの記事を読み直させてもらいましたが、やはり、緻密で激しいです。下りで事故を起こさないという点に重きが置かれていた事を再認識しました。
今日になって筋肉痛が物凄いので、NACには失敗だったのかもしれません。でも、刺激を与え続けないとサボり出す体なので...。

投稿: kiyatchi | 2012年9月 3日 (月) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/46914252

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山2回登り:

« 味の「三喜」 | トップページ | 2012年8月のトータル、黒松内水泳大会 »