« 「LUPICIA gourmand」 | トップページ | 夏の雪祭り?、ラン38km »

2012年8月10日 (金)

ありがたい担当医

尿酸値が高いために薬を飲んでいます。そのために三ヶ月に一度は病院に行き血液検査と診察を受けなければならないのですが、忙しかったり、薬を飛ばして飲んでいたりして予約日に行けないことが多くなっています。

 昨日、久々に担当医に見ていただきましたが、私を見るなり。「久しぶりですね~、2年ぶりくらいじゃないですか」「そうそう、貴方を見習って、私、ついに忠別湖トライアスロン完走しましたよ!」と患者の症状よりもまず自分の結果を聞いて欲しいという感じで話してくださいました。

 私はお医者さんにかかると、必ずと言っていいほど喧嘩みたいになってしまいます。どうしても「トレーニングはここまでして良いですか?」とか聞いてしまうと、「あなた、本気で直す気あるのですか?」みたいな流れになってしまうことが多いのです。(ブルベをやっているIさんやトレランをしているNさんはそうでは無いかもしれませんが・・・)

 しかし、週に一度北大から来て下さるこの医師は、実に良くこちらの気持ちを判って下さいます。自分自身もマラソンランナーだからだと思いますが、「どうせ走るなと言ったって走るんでしょう」「CPKちょっと高いけど、トレーニングしたばかりなんでしょ。問題ない問題ない。」「次の大会は何ですか」「頑張って下さいね」みたいな感じで診察は終わってしまいます。

 今回の右足のしびれについても、的確かつスピーディーに検査と診断をして下さいました。簡単に言えば、神経系ではなく血流系。走ることに問題は無しということです。

 忠別のリザルトをみると、この先生、私のベストタイムとほとんど変わらないタイムで完走していました・・・。

|

« 「LUPICIA gourmand」 | トップページ | 夏の雪祭り?、ラン38km »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/46647870

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたい担当医:

« 「LUPICIA gourmand」 | トップページ | 夏の雪祭り?、ラン38km »