« ゴール | トップページ | 2012年6月のトータル »

2012年7月 1日 (日)

2012BMC630大雪600を終えて

 今回のブルベ、暑さと、風と、登りにやられました。きつかったです。

Ts3k0545

 スタートは江部乙。50人ほどの参加でしょうか?

Ts3k0546

 スタートしてしばらくして、10人ほどの高速列車が結成されました。芦別のトンネルでS君、F君、K藤さん私の4人になりました。速い速い列車です。富良野にはCPオープン2分前に着いてしまいました。時折向かい風基調にも関わらずavg32.5km/h。

 富良野からも私とS君、それに遅れた筈のK藤さんかいつの間にか追い付いています。F君も少し遅れて来ます。ここから遠軽まで、S君が引っ張りながら結局この4人が何らかの形で絡んで進む事になりました。

 清水からはS君と私の二人で先頭を行きますが、鹿追で急にS君が減速。眠いそうです。脱水になりかけているようなので、水分と糖分を摂るようにアドバイスし、引きます。

 一番きつかったのが然別湖の登りです。前半の飛ばしすぎで塩を吹いていたためか、足が回りませんでした。復活したS君に離されます。ヘロヘロになり10km/hを切ります。あすなろさんにそんな場面を見られてしまいました。然別湖ではスタッフのyyyさん、Kさん、あすなろさんが優しく迎えてくれました。

 S君に少し遅れて然別湖を出ます。しばらく折り返しコースなので、10名ほどのライダーとすれ違う事ができました。折り返しコースはそういう点で良いと思います。

 200kmを過ぎて足が回る現象は今回も起こり、士幌の手前でS君がどんどん近づいてきます。そして追い着き一緒に走ります。本別PCでF君も到着し3人一時一緒になります。が、彼らはたいした食べずにS君、続いてF君も出ていきます。私は牛丼をゆっくり食べました(あまりのどを通らずゆっくりしか食べることができませんでした)。ここでたまたま倶知安から自転車を乗りに来ているOさんと偶然お会いしました。

 足寄過ぎにF君に追い付き一緒にしばらく走ります。遅い夕暮れに虫のシャワー。

 陸別で夜8時過ぎ。スタッフのあすなろさんがいてくれました。ここで私がコンビニに寄っている間にFくんが先行します。夜になり、新しいライトは最高です。広く見やすい。

 留辺蘂手前の峠あたりから、寒くて眠くなりスピードが落ちます。長袖を上下着ても眠い。置戸のトンネルで後ろからK藤さんに声をかけられ、一緒に走りました。

 留辺蘂のPCで、出てきたばかりのF君がこちらに向かって走って来ます。途中陸別奥で熊を見たとかで興奮しています。どっちに行くのか確かめたかった様です。

 留辺蘂からK藤さんと一緒に走り出しますが、遠軽過ぎの峠からでまた足が回りだし単独になります。400kmちょっと手前で日付が変わります。遠軽市内でなぜかF君ではなくS君に追い付きます。途中のバス停で仮眠していたとのこと。そしてコンビニから出てきたF君ともすれ違います。

 S君もPC後はすぐにF君を追います。私はのんびり買い物をし、12時を過ぎたけれど、仮眠出来そうな所を探しながら、もう少し行けるところまで行きたくなり、丸瀬布で1時。

Ts3k0553  

 手頃なバス停を拝借しました。中は暖かくて快適。ありがとうございます。

Ts3k0552

 4時間寝て朝5時。コンビニはまだ開いていないので、昨晩買っておいたおにぎりと野菜ジュースで朝食。

Ts3k0555_5  

 北見峠に向かいます。今日は前にも後ろにもブルベ人誰もいません。北見峠は自動車が全く走っておらず、気持ちの良い朝でした。

 上川、和寒と横風か追い風ということもあり、順調に走ります。しかし、和寒から幌加内の峠が向かい風で登り。さらに幌加内からゴールまで最後はずっと向かい風。どんどんペースが落ちてしまいました。唯一の喜びは幌加内峠にトンネルが出来ていてほとんど登らずに済んだことです。

 ゴールは13時36分。29時間36分(avg26.4km/h)やっと600kmで30時間を切ることができました。若い二人は4時間ほど前に着いていましたので、睡眠の分の差がきっちり出たようです。でも眠らないで走ることは私はできません。K藤さんともう一人夜通し走られたかたもゴールしていました。

 ゴール後はN美さんスープと紅茶ラスクを頂き、江部乙温泉に入った後、スタッフの方やゴールされた方々と楽しくお話させて頂きました。

 今回のコース、非常に高温(聞けば昨日の富良野はちょうど私達が通過したことが日本一暑かったとか)で、熱中症などでリタイアした方も多かった様です。さらに風があまり良くなかったし、コースも結構登りが大変でした。

 私としてはロッキー1200を前に、大変良い経験となりました。160kmのコースをいくら走っても、やはり超長距離の練習には不足しているものがあったようです。

 恵庭600の方が楽だったという声が多く聞こえましたが、私は9速縛りだったのでよく解りません。でも今回のコース9速縛りだったら無理だったかもしれないとは思います。

 まだ、現在最後のゴール目指して走っている方、そしてそれを支えるスタッフの方々、お疲れさまです。ありがとうございました。

コメント

スタートしての高速ローテーは無謀でしたねw
それにしてもあんな長い時間を共有できたのはいい経験になりました
また来年も参加します
ロッキー頑張ってください!

投稿: りゅうやまパパ | 2012年7月 2日 (月) 21時28分

りゅうやまパパさんへ→
お疲れさまでした。サロマ一週間後にあの先頭集団をさらに引っ張る走り。遅れたと思ってもいつのまにか追いついてくる闘志。刺激的でした。そして、楽しかったです。「600」は甘くないんだよと言いたかったのに、走り通されてしまい、言う言葉がありません...

投稿: kiyatchi | 2012年7月 2日 (月) 21時47分

お疲れ様でした.完走,おめでとうございます.
どうしているかなあと思いながら,自分のチャレンジに挑戦していました.

30時間近く,行動し続けると言うことの過酷さ.
体験したものでなければ,わかりませんよね.
距離が長くなることで,気温や風の状況もダイナミックに変化し,より厳しくなるのだなあと思いました.
1200になると,また次元の違う世界が待っているのかもしれません.
いかに休息を上手くとれるかがポイントかもしれませんね.
それと,つらさを受け入れ,楽しむことです.
頑張ってください.
報告,楽しみにしています.

投稿: snufkinjr | 2012年7月 3日 (火) 06時54分

お帰りになる際の引率者のような余裕ぶりが、らしさでした。
お楽しみさまでした。
誤解を恐れずに書くと、600kmや長距離を走ることは、決してたいへんな事でも特殊なことでもないと思います。(たいへんな事にはしないように走ると言った方が正確でしょうか)
ところが自分らしく走ったり、走り続けることは、難しいことで…
今回も自分のスタイルが出てらっしゃって、すがすがしいお方でした。ロッキー楽しんでください。

投稿: あすなろ | 2012年7月 3日 (火) 09時24分

snufkinjrさんへ→
 私の30時間は途中でコンビニにも寄れるし、4時間も眠っていましたので・・。snufkinjrさんの達成したしたSSS(28時間での洞爺-羊蹄山-ニセコ連邦-日本海単独縦走)を考えると、たとえば平日に仕事を終えた後で夜8時くらいから羊蹄山に登って帰って来るということも大したことではなく思えて来ます。しかし、何か怖くて(夜の闇とか、動物とか、霊とか?)とてもやろうという気になれません。月夜だったら出来るかな?

投稿: kiyatchi | 2012年7月 3日 (火) 22時14分

あすなろさんへ→
 スタッフ本当にありがとうございました。自分らしい走りなのかどうか分かりませんが、前半の順位にこだわったブログを読んだ妻に「ブログつまらない。ブルベは競争しないから良かったんじゃないの?」と一蹴されました。我執から抜け出せない私は、ブルベの奥義にはしばらく到達できそうにありません。

投稿: kiyatchi | 2012年7月 3日 (火) 22時22分

遅レス失礼。
kiyatchi さんとはブルベ中にはスタート時しか
会えなくなりましたネ~~。
走り方は人それぞれで、そのうち心境も変化し
色々な楽しみ方をしたくなります。

投稿: K父 | 2012年7月 5日 (木) 04時40分

K父さんへ→
 まだまだK父さんの域には到達できません。速く走る仲間がいるのもまた楽しいのも確かな事なのですが・・

投稿: kiyatchi | 2012年7月 5日 (木) 07時41分

|

« ゴール | トップページ | 2012年6月のトータル »

自転車」カテゴリの記事

コメント

スタートしての高速ローテーは無謀でしたねw
それにしてもあんな長い時間を共有できたのはいい経験になりました
また来年も参加します
ロッキー頑張ってください!

投稿: りゅうやまパパ | 2012年7月 2日 (月) 21時28分

りゅうやまパパさんへ→
お疲れさまでした。サロマ一週間後にあの先頭集団をさらに引っ張る走り。遅れたと思ってもいつのまにか追いついてくる闘志。刺激的でした。そして、楽しかったです。「600」は甘くないんだよと言いたかったのに、走り通されてしまい、言う言葉がありません...

投稿: kiyatchi | 2012年7月 2日 (月) 21時47分

お疲れ様でした.完走,おめでとうございます.
どうしているかなあと思いながら,自分のチャレンジに挑戦していました.

30時間近く,行動し続けると言うことの過酷さ.
体験したものでなければ,わかりませんよね.
距離が長くなることで,気温や風の状況もダイナミックに変化し,より厳しくなるのだなあと思いました.
1200になると,また次元の違う世界が待っているのかもしれません.
いかに休息を上手くとれるかがポイントかもしれませんね.
それと,つらさを受け入れ,楽しむことです.
頑張ってください.
報告,楽しみにしています.

投稿: snufkinjr | 2012年7月 3日 (火) 06時54分

お帰りになる際の引率者のような余裕ぶりが、らしさでした。
お楽しみさまでした。
誤解を恐れずに書くと、600kmや長距離を走ることは、決してたいへんな事でも特殊なことでもないと思います。(たいへんな事にはしないように走ると言った方が正確でしょうか)
ところが自分らしく走ったり、走り続けることは、難しいことで…
今回も自分のスタイルが出てらっしゃって、すがすがしいお方でした。ロッキー楽しんでください。

投稿: あすなろ | 2012年7月 3日 (火) 09時24分

snufkinjrさんへ→
 私の30時間は途中でコンビニにも寄れるし、4時間も眠っていましたので・・。snufkinjrさんの達成したしたSSS(28時間での洞爺-羊蹄山-ニセコ連邦-日本海単独縦走)を考えると、たとえば平日に仕事を終えた後で夜8時くらいから羊蹄山に登って帰って来るということも大したことではなく思えて来ます。しかし、何か怖くて(夜の闇とか、動物とか、霊とか?)とてもやろうという気になれません。月夜だったら出来るかな?

投稿: kiyatchi | 2012年7月 3日 (火) 22時14分

あすなろさんへ→
 スタッフ本当にありがとうございました。自分らしい走りなのかどうか分かりませんが、前半の順位にこだわったブログを読んだ妻に「ブログつまらない。ブルベは競争しないから良かったんじゃないの?」と一蹴されました。我執から抜け出せない私は、ブルベの奥義にはしばらく到達できそうにありません。

投稿: kiyatchi | 2012年7月 3日 (火) 22時22分

遅レス失礼。
kiyatchi さんとはブルベ中にはスタート時しか
会えなくなりましたネ~~。
走り方は人それぞれで、そのうち心境も変化し
色々な楽しみ方をしたくなります。

投稿: K父 | 2012年7月 5日 (木) 04時40分

K父さんへ→
 まだまだK父さんの域には到達できません。速く走る仲間がいるのもまた楽しいのも確かな事なのですが・・

投稿: kiyatchi | 2012年7月 5日 (木) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/46101917

この記事へのトラックバック一覧です: 2012BMC630大雪600を終えて:

« ゴール | トップページ | 2012年6月のトータル »