« 余市「食事処たけや」 | トップページ | ニセコヒルクライムコース開通 »

2012年5月27日 (日)

チーム壮行会、洞爺湖でカヌー

 朝、7時からチームニセコの走行会に参加しました。ロス、ベンをはじめ8名が集まりました。倶知安から京極、留寿都へ。ロスの調子が良くずっと引いています。ロスとベンは10時から用事があるそうで、留寿都から戻りますが、皆を待っていると間に合わなくなりそうなので、そのまま行くとのこと。

Ts3k0467

 そこからはロス、ベンと私の3人に。はっきり言って付いていくのがやっと。ロスは平地向かい風で40km/h以上です・・。真狩、ニセコと農道を通って行きましたが、そこまでは何とか付いて行けました。国道に出て、少し長い登りでちょっと離れてしまったら、もうおしまい。どんどん二人は遠ざかっていきました。もう少しは行けた感じもします。刺激的な走行でした。

 69km、avg29.4kmでした。

 その後、一人で洞爺湖へ。目的はSEA TO SUMMITに使用するインフレータブルカヌーのチェックです。

Ts3k0471

 私はGUMOTEXのインフレータブルカヌーを2つ持っています。一つはJUIORで一人乗り。もう一つはSUNNYで一人or二人乗り。

Ts3k0468

 どちらも空気で膨らますだけですから、組み立ては5分とかかりません。

Ts3k0470

 まず、SUNNYに乗ってみます。今日は岸から沖に向かって結構風が吹いていたので、岸からフラッグまで真っ直ぐ沖に出て、そこから左に90度方向を変え、左からの風を受けながら竜宮岩の方へ行き、Uターンして戻って来ます。これで4方向からの風の影響がチェック出来ます。

 追い風と横風では、SUNNYはなかなか真っ直ぐ進みません。思っていたよりスピードは出る気がします。テストコース10分30秒ほど。

 次にJUNIORに乗ってみますが、お尻のあたりが結構沈み少し怖い。JUNIORの底は空気が入っておらず、ただのゴムシートです。不安なので自作の風呂マットを敷いていますが、それでも沈みます。右左のブレも大きい。ただし、風の影響は少し小さい感じです。同じコースを12分15秒。これで使用艇はSUNNYに決定です。

 その後は、せっかくなので中島までSUNNYで行ってみました。少し沖に出るとかなりの波です。30cmから40cmあり、時折白波が立っています。追い風では真っ直ぐ進まず片側だけ思いっきり漕がなければならない場面が多発します。さらに波と同じ方向に走っているので、時折サーフィンに乗ったように波に艇が乗る感じがあります。行きは35分で着きました。(約4km)中島は結構急傾斜で上陸するのは難しそうだったので、木の枝にタッチして戻ります。

 向かい風は真っ直ぐに進むのは良いのですが、波がどんどん来て船首にぶつかりかなり艇が上下します。以前増毛の別刈の海で漕いだ時よりも波は高いです。真っ直ぐ進むけれど、やはり向かい風のスピードは遅い様で、振り返ってもなかなか中島が遠ざかりません。往復で1時間26分かかりました。帰りは51分もかかっています。

 今日の風や波の状況でも何とかなったので、そういう面では大丈夫だと思いますが、シートーサミットではシーカヤックなんかを相手に漕ぎますので、大変なハンディキャップを背負うことになりそうです。

Ts3k0473

 インフレータブルは撤収も早い。そして、イスや空気入れも含めて、この袋に入ってしまいます。小さい方がJUNIOR、大きい方がSUNNYと空気入れです。

 

|

« 余市「食事処たけや」 | トップページ | ニセコヒルクライムコース開通 »

アドベンチャー・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

カヌーの練習しましたねー、
私も今日、カヌーのメンテナンスしました。木製部分は接着剤で直したのですが、その時、変に倒してフレームのパイプを割ってしまいました。トホホ、、これで2本目。ホーマックで塩ビ水道パイプ買ってきて加工して代用しますー。トホホ、、

投稿: yamamoto | 2012年5月27日 (日) 20時03分

yamamotoさんへ→
 カヌー練習と言っても、波が高くてパドリングの練習にはほとんどなりませんでした。深く入れてそれが元で沈するのが恐かったので・・。

投稿: kiyatchi | 2012年5月28日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/45432042

この記事へのトラックバック一覧です: チーム壮行会、洞爺湖でカヌー:

« 余市「食事処たけや」 | トップページ | ニセコヒルクライムコース開通 »