« スキーは滑ってこそ | トップページ | 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 »

2011年12月28日 (水)

百人一首

 正月には実家で一度くらいは百人一首をします。昔からそうでした。

Dscn0827

 今、下の子が百人一首に凝りだし、我が家で少しブームになっています。下の子は突然いくつかの上の句を覚え、兄と接戦するようになってきました。

 北海道は木の絵札を下の句だけで取りますが、我が家では絵札を上の句読みから取ります。モスクワ時代に東京の上の句読みひらがなかるたを知り、衝撃でした。あんなひらがなだけの百人一首、どこが面白いのかと。同時に上の句読みは新鮮でした。帰国してからは上の句読みの絵札取り以外は考えられなくなりました。これが一番面白いです。

|

« スキーは滑ってこそ | トップページ | 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/43534534

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首:

« スキーは滑ってこそ | トップページ | 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 »