« 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 | トップページ | 2011年12月・年のトータル »

2011年12月30日 (金)

-16℃のクロカン

 今朝の倶知安の気温は-18℃。珍しく晴れていて放射冷却。少年団の練習が始まる9時過ぎでも-16℃。晴れていて気持ちいいけれど、指も耳も足先も痛いくらい寒い。

Dscn0834

 旭が丘の3kmコース。最初のうちは何回か小屋で暖まりながら滑りました。

Dscn0835

 ここまで寒いとあまり滑りませんが、4周目くらいから少し滑るようになりました。今日は約2時間で3kmコースを9周、計27km滑りました。滑り終わった昼頃でも気温は-12℃でした。

Dscn0839

 ニセコアンヌプリやイワオヌプリ、ワイスホルン、羊蹄山も見えました。

Dscn0842

 少年団も時々暖を取りながら活動していました。

Dscn0845

 3日くらい前から、早稲田大学スキー部の女子クロカンの選手4,5名がこのコースでミニ合宿をしています。正月明けまでいるそうです。先日全日本を制したオリンピック候補もいるそうです。

 彼女らはスーパー走法でフォームを確認しながら流しているのかもしれませんが、私はなりふりかまわぬクイック走法で必死に追い付き、何度か追い抜いてしまいました。特に登りでは私の方が圧倒的に速い気がします。でも、大会の優勝タイムを見ると、本気を出されたらかなわないのではないかと思います。

 この3日間、倶知安としてはあまり雪も降らず恵まれた条件で、私は24km、24km、27kmと走りました。登りでは力を抜かずに登り切り、平地もスーパーも多用しているので、けっこうハイペースになっていますが、これくらいの距離では疲れなくなってきました。30kmくらいの大会ならば、今すぐにでもそれなりの成績を出せる気がします。昨年は、まだこの時期雪が少なくて3kmコースはオープンしていませんでしたから、今年は恵まれています。

 しかし、正月が待っています。食べてしまいます。ダラダラしてしまいます。帰省せずに、毎日早稲田の選手とトレーニングを続けたい気持ちです・・・。

|

« 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 | トップページ | 2011年12月・年のトータル »

クロカン」カテゴリの記事

コメント

え~、そんなに寒かったんだ。半月湖に行ったのだけど、手や足がかなり冷たいので「風邪をひいているから冷たいのかなー」と思っていました。しかし、大学生と勝負するとは、さすがですねー

投稿: yamamoto | 2011年12月30日 (金) 19時58分

yamamotoさんへ→
 帽子一枚だったので、耳が少し危険な状態でした・・。

投稿: kiyatchi | 2012年1月 2日 (月) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/43563550

この記事へのトラックバック一覧です: -16℃のクロカン:

« 「ふしぎなキリスト教」講談社現代新書 | トップページ | 2011年12月・年のトータル »