« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

AJH真狩走行会

 昨晩は真狩のコテージに、AJHの面々と宿泊しました。

Ts3k0171

 13時に真狩温泉からスタート。私はブロンプトンで参加。京極湧水に行き、その後、脇方鉱山まで案内しました。総勢12名ほど。あすなろさんはやはり大人げない?走りをしていましたが、yyyさんも同じ穴のむじなでした・・。

Ts3k0162

 脇方鉱山から14%の看板を見つけてしまうと、何故か皆行かなければならない気持ちになり、登り出しましたが1kmほどで砂利道になり引き返しました。HORIHIROさんはどんどん行ってしまいましたが。

Ts3k0160

 帰りには羊蹄山も全て見えましたが、雪虫みたいな虫のシャワーには文字通り閉口しました。走行は計51km、3時間弱の走行会となりました。

Ts3k0164

 戻って真狩温泉に入り、後はコテージの前でたき火集会。K父さん、yamamotoさんも加わります。焼肉、おでん、インスタントラーメン、パスタ、ルスツ豚・・・集まっているメンバーが北海道ブルベ創成期の頃からの濃い人ばかりで、思い出話から今後の方針まで、語り尽くせない話がエンドレスに続きます。一時はよしださんが火に飛びこみそうになる珍事も。

Ts3k0176

 快適なコテージでの眠りの翌日は、AJH恒例のSさんスープカレー。1200の時はこれで胃袋が復活しましたが、今朝も美味しかったです。それにしても、料理するSさんはすごく様になっています。

Ts3k0184_2    

 朝食は皆でコテージの中で頂きました。この後、私は息子の学芸会のために帰りましたが、皆さんはきっと自転車に乗ったことでしょう。HOさんは札幌から自走でした。

 今回の企画、最高でした。よしださん、Naomiさんをはじめ、皆さんどうもありがとうございました。真狩のコテージも思っていた以上に良いところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

今日の羊蹄山

Ts3k0142

 空と雪が一緒になって形が崩れて見えますが、上の方だけ雪で真っ白。なかなか寒々しいいけれど美しい羊蹄山です。

 外は寒くて朝晩走る気がしません。昨晩は仕事が少しだけ早く終わったので、町体を61周(約10km)走りました。走った後は心地よい疲れでよく眠ることができ、次の日は体が快調です。 

 明日は真狩でAJHの走行会とログハウス宿泊。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

京極の「バオバブ」

 オリエンテーリングの帰りに前から気になっていた京極町のお店に寄りました。

Ts3k0140

 「バオバブ」というカフェ?バオバブボール(900円)をいただきました。ハンバーグ丼ですが、3種類の味付けを選ぶことができます。付け合わせのピクルスもカルダモン?の香りがスパイシーで美味しかったです。

Ts3k0141

 店は広くはありませんが、建物は少し空中に浮かんだ感じで見晴らしは良いです。

 詳細はhttp://www.baobab157.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

留寿都パークオリ2011

 今日は留寿都でパークオリエンテーリングでした。

Ts3k0137

 あいにくの雨。それでも大会はあります。今回は、山岳ガイドを目指している高校生のS君も誘いました。当日参加でyamamotoさんも。その他、北大OLの選手ら10名ちょっとの参加者です。

Ts3k0138

 ルスツリゾートからかわいいバスでゴルフ場跡に移動。

Ts3k0135

 私は、スタートしてすぐの2番でミス、さらに3番で大きなミス。1分後に出たS君、4分後に出たyamamotoさんと相前後するほど遅れてしまいました。その後はペースを上げたのですが、13番でまたミス。

 結果は4位。優勝はyamamotoさん。そして2位は何とS君。オリエンテーリング初参加の高校生に負けてしまいました。

 ポイントごとでは、yamamotoさんに加えて4位の私と5位だった北大生が区間1番と2番を多く取っていたのですが、私達はミスでタイムロス。yamamotoさんはほぼノーミスだったようです。

 今年はオリエンテーリングではyamamotoさんに3連敗。とても悔しいですが、私が遅くなったのではなく、yamamotoさんが速くなっています。

 それから、言い訳がましいですが、私は老眼が進んで、地図を読み切れていない。6番の所で小道があったのですが、「地図に出ていない」と走っているときは思っていました。ゴールしてから老眼鏡をかけると、黒い点線がはっきり書いてあります。走っているときは茶色の等高線だと思っていました。今後は、老眼鏡をかけたり外したりしながら走らなければならない?

 今年の大会はこれで終わりです。昨年は12月初めにマカオマラソンに出ましたが、今年はクロカンまで予定が無いので、短いシーズンオフに入れそうです。でも、モチベーションが下がるから何か目標を持った方が良いかもしれませんね・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

半月湖、寒い

 朝、ブロンプトンで駐車場まで行き、走って半月湖に降りました。

Ts3k0126

 頂上だけ見える羊蹄山は雪化粧。

Ts3k0131

 それにしても寒かった。クロカングローブでも感覚が無くなりました。畑は全て霜が降りていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

聞いて楽しむ日本の名作

 先週道新の裏面に出ていたCD集を衝動買いしてしまいました。

Ts3k0119

 ランやクロカンの時に、ウォークマンに入れて聞くために良いと思ったのです。最近はトルコ語も止めたので、とりあえず英語のユメタン(これも日本語の後に英語を言うので、テキストが無くてもある程度学習できる)を聞いていました。

Ts3k0122

 一昨日届いて、まだ一つしか開けていませんが、一作品20分程度に編集され、途中に解説の入っている作品もあるようです。CD1枚は60分前後です。

Ts3k0123

 一度パソコンに取り込んでしまえば、あとは解説書とかも特に必要ないので、オークションに出しても良いなと思いました。オークション検索をしてみたら、すでに何セットも出品されていました。考えることは同じです。というより、オークションで落札すれば半額以下で手に入り、さらに出品も出来たのではと少し後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

黒松内駅伝2011

 今日は黒松内駅伝でした。黒松内に向かう途中から激しい雨と風。雨のために開会式は町民センターに、各関門行きのバスの発着所も変わり、少し混乱していました。ニセコどんがめの方はもちろん、その他、意外な方々ともお会いする事ができました。

Ts3k0104

 私は今年も若者と年寄りの混成チーム。私は3区6.6km。移動中に少し雨があがったと思ったら、アップの時間に激しい雨。1区の選手はびしょ濡れだったそうです。しかし、3区のスタート30分くらい前になって晴れて来ました。まさに秋の空。

Ts3k0106

 私のチームは6,7位くらいで来ました。速いのでプレッシャーがかかります。すぐ後ろに戦車隊のチーム。たすきをもらった私はダッシュ。すぐに戦車隊を引き離し、前を行く選手が大きくなってきます。

 しかし、飛ばしすぎ。けっこうな登りなのに1km地点で3分30秒。完全にオーバーペースで、案の定、平地から緩やかな下りに入ってスピードが逆に落ちてしまい、残り2kmくらいで追い付かれて逆に少しだけ離されてしまいました。

 3区の結果は25分23秒。昨年より1分ほど遅くなってしまいました。4区はトップから20分で繰り上げスタート。残念ながら10チームほどが黄色いたすきで繰り上げとなっていました。

Ts3k0111

 バスでセンターに戻り、豚汁を食べてゴール地点へ。1位2位はいずれも北星大学、3位商大、4位自衛隊、5位小樽陸協。そして6番目になんと我チーム。そんなに抜いたの?あれ、でも繰り上げの黄色いたすきだ。

Ts3k0115

 実は、7区は12時30分までに通過しないと踏切の関係で繰り上げスタートとなるのですが、今日は鉄道の都合で12時20分で繰り上げになったとのこと。上位5チームを除いた計29チームもが繰り上げになってしまったとのことでした。

Ts3k0112

 さて結果は我チームは2時間40分20秒で8位。あと40秒で6位入賞、ジャガイモ2箱等をゲット出来たのに・・。「私が昨年のタイムを出していれば」とも思いましたが、駅伝ですから「皆があと6秒縮められたら」と考える方が良いのでしょう。

 黒松内温泉に入り、帰って来ましたが、私は2週間ほど長い距離を走っていなかったのと、今回の反省の意味も込めて夕方から夜にかけて15kmほど走りました。短い距離を全力で走るよりも、長い距離をゆっくり走る方がずっと楽だということを再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

ウルトラトレイル デュ モンブラン

 録画してあったウルトラトレイル デュ モンブランの番組を見ました。166kmのトレラン、大変壮絶なレースで、完走率は50%を下回っていました。A井さんが完走したことは本当に賞賛に値することだったのですね。

 A井さんがインタビューを受けたとの事だったので、よく見ていましたが、判りませんでした。日本人の参加者は100名以上とかなり多かった様です。

 それにしも、風景が素晴らしい。画面を通してもその凄さが伝わって来ますが、実際に行ったらかなりの迫力なのでしょう。フランス、イタリア、スイスそれぞれに風情と迫力がありますね。

 レースに出てみたいかと言われれば、出てみたい気持ちはありますが、私は眠らずに走ることは出来ない人間なので、多分ぐっすり寝ている間にタイムアウトになってしまうでしょう。風景を楽しみたいのならば、元々がトレッキングコースなので、ゆっくりトレッキングをすれば良いのではとも思いますが、トレッキングのためにここに行こうとは思わないでしょう。行くとすればやはりレース?

 シャモニーは子供の頃にちょっとだけ行ったことはあります。ロープウェーでモンブラン手前の標高3800mほどの所まで登り、空気が薄くて頭がいたくなったことと、氷河が大きかった事をよく覚えています。

 ハセツネにも出たことがないし、羊蹄山4往復どころか2往復もしていないのに、何がモンブランだと言われそうですね。でも、魅力的な大会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

古平マラソン2011優勝(10km)

 今日は古平マラソンでしたが、朝起きた時から体中痛い。日焼けのせいかもしれませんが、体全体が水分不足のような感じ。要するに昨日のブルベでやられたということでしょう。

 今年は私が10km、子供たちは6km、妻は歩き4kmと、家族全員でエントリー。しかし、開会式あたりから雨が降り出します。私はアップをしましたが、特に筋肉痛になっているところはないものの、走り始めた瞬間からフルマラソン30km地点過ぎの様な体の重さ。

Ts3k0093

 雨も激しくなってきたし、止めようかと思いましたが、今年は10kmも上位5人だけ計時し、3位まで表彰とのこと。毎年計時は15kmのみで、10km以下は順位も記録もありませんでした。ですから、少しでも記録にこだわる人は皆15kmに出ているので、10kmに速い人はいません。私も3年前から2位、1位、2位と10kmでは上位を占めて来ました(記録は無いけど)。今回は表彰されるチャンスかも。

 会場には山岳アドベンチャーレースのN川さんも一家でいました。N川さんは、「こういうめちゃくちゃな天気になると、我々アドベンチャー関係は燃えてきて成績良くなりますよね」みたいな事を言っていました…。その他、何人かの知人ともお会いできました。この大会のゼッケン、今年からシールになっていて付けるの楽です。

Ts3k0092

 さて、15kmスタートの10分後に10kmスタート。参加者は6,70人?名簿も無いのでわかりません。スタート前から土砂降りに近い感じで雨が降っています。

 スタートしてすぐダッシュして先頭へ。古平高校の生徒が2,3人着いてきましたがすぐに脱落。あとはずっと先頭をキープしたままでした。

 3km過ぎからものすごい雷と豪雨。レース途中でも中止になるのではないかと思いました。シャツと地肌の間にも冷たい雨がどんどん流れて来るのが分かります。川の中を走っているようです。

 緩やかな登りで足はいつもより重くあまり動きません。折り返しからは追い風と下り基調。雨も小雨になっていました。

 何とか走りきってトップでゴール。その直前に何と10分前にスタートした15kmのトップに追い付かれ同時ゴールとなりました。タイムは手元の時計で42分35秒。昨年より2分も遅く、40分切りには遠く届かず。

 ゴールでN川さんを待っていると、1時間切ってゴール。15kmでキロ4分切っていますが、それでも順位は12位。10kmを走っていれば余裕で優勝なのに、15kmは速い人の層が厚いです。

Ts3k0101  

 景品交換、豚汁、表彰式は隣の体育館みたいな所に場所を変更して行われました。この大会は参加賞が良い。参加料大人1000円、高校生以下無料です。家族4人で2000円しか払っていません。参加賞は各自にたらこor明太子と豚汁、ペットボトル一本。さらに町外からの参加家族に鮭トバ。左端の高級たらこは10kmの優勝商品です。

Ts3k0096

 表彰は15kmは10位まで、10kmは3位まで行われました。こんなタイムで優勝なんてラッキーですが、来年からは10kmも計時するとわかれば速い人が参加してくるでしょうから、今年限りかな?何故か賞状のタイムは私の計時よりも20秒近く遅くなっていました。近年参加者が増えているようですが、運営がそれに追いつけていない印象を持ちました。

 その後、余市の実家に寄り、帰ってからは下の子と金比羅祭りを少し歩きました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

札幌200ブロンプトンで完走

 今日はブルベ1009札幌200km。朝4時半に家を出て、真駒内に向かいます。朝の気温は1℃。車の窓は凍っていました。

Ts3k0083_2  

 今日は計画通りブロンプトンで参加。しかし、大王さんはロード。あれ?

 参加者は70名弱。7時と7時10分に分かれてスタート。私は7時。走り初めて石山の分岐の前で、一瞬先頭の方に出てみましたが、ロードのスピードには太刀打ちできまず、先頭集団からすぐに遅れます。その後kikoliさんにしばらく引いてもらいました。登りになると、軽いギアが無いので、少し踏むとむしろ速くなってしまいます。踏むのを止めるとめちゃくちゃ遅くなります。

 10分後スタートのF島君やふくろう君、マーティンに抜かれます。どうしてあんなに速く走れるのだろう?という気持ちになりました。

Ts3k0086_3  

 恵庭岳が見えるピークで写真を撮っていたら、のりさん達が来ました。中標津のKさんも含めて少し一緒に走ったというか、引いてもらいました。下りのブロンプトン、重心が低いためか意外と安定します。ただ前ハンドルのキャスター角が90度に近いため、片手になると凄くブレます。また、風の抵抗が大きいので、下りでは上半身を前屈みにさせると少し早くなります。

 PC1に付くと先頭集団が出るところでした。思っていたよりも早く付いています。ややあって旭川田中さんと田中大王さんが来ました。一緒に走れると思っていたら、いつのまにか出発していました。クロスバイクの人と追いかけましたが、追い付きませんでした。

 白老に着いたら白老牛バーガーを食べて、後の集団とゆっくり一緒に行こうと思っていたのですが、残念ながらバーガー店は休み。仕方がないので走るしかありません。走る以上一生懸命走ってしまいます。

Ts3k0087

 白滝峠の長い登り。一緒に走っている人にスピードを聞いたら13km/hくらいだそうです(ブロンプトンにはメーターも付いていません)。

 下りは一人旅。国道に出たら、ちょうどF島君が登っていくところでした。

Ts3k0088  

 PC2手前でパンクを直し終わったKさん、マーティン、りゅうやまパパらと遭遇。Kさんは前後同時にパンクしたそうです。

 秋の行楽のためか、PC2にはほとんど食べる物がありませんでした。優しいマーティンはみんなのために納豆巻きを買ってくれました。

 PC2から少しだけマーティン・りゅうやまパパさんら4人の後ろに付かせてもらいましたが、すぐに離され、美笛峠はほとんど一人旅。支笏湖湖畔は中標津のKさんに引いてもらいました。支笏湖温泉も凄い車の渋滞。

Ts3k0090

 水がなくなったのでポロピナイで補給。そこから一人で登りますが、ひどいペース。とにかくギアがありません。ダンシングも辛くなってきました。多分10kmを下回っていたでしょう。頂上付近でのりさんが追い付いて来て、そこからはのりさんの後ろを走ります。

 ゴールも近づいたところで、道路脇にマーティンらが。事故かと思いましたが、今度はマーティンがパンクしたそうです。そこからは8人でほぼ一緒にゴールしました。

 タイムは9時間27分。サイコンが無いのでavg等はわかりません。ブロンプトンなのに、昨年より2時間遅いだけ。一昨年より8分ほど遅いだけでした。

 帰りは小金湯温泉に入り、豊平峡温泉でナンカレーを食べましたが、豊平峡からの車が大渋滞。カレーもめちゃくちゃ込んでいて1時間半かかりました。中山峠への反対車線は凄い渋滞。2つのトンネルの上、頂上近くまで渋滞していました。こちら側の車線はスムーズでした。

■振り返って

○ブロンプトンは意外に走ることができる。登りは少し辛いけれど、1日150kmくらいまでならば何とかなりそう。袋に入れるとコンパクトになるので、海外旅行に持っていくとかも考えてよいかも。

○水はウエストバッグの中で、いちいち止まって飲んでいたので、ドリンクホルダーを工夫する必要あり。

○クリートペダルは付けることができなかったけれど、旅行ではその方がいいのかも。

○頑張らなければ、もっと初めの方からゆっくり走れた筈。いつもと違うメンバーとの交流にはあまりならなかったけれど、この自転車のスタイルはもっと遅く走るべきだったかもしれない。そうしないと、ブルベの走り方が広がらない(グルメブルベとか)。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ブロンプトンで・・

 9日にブルベ札幌200が行われます。私もエントリーしています。今回はブロンプトンでの出場を検討しています。タナカ大王さんとの約束(一方的押し付け?)があり、一度はブロンプトンでと思っていました。

Ts3k0059

 昨年の札幌200は、toy君、ふくろう君、のりさん、私で支笏湖沿いを高速ローテーションで回し、辛かったけれど面白かったです。 

 今回のブルペには、羽幌で一緒に先頭を走ったK平さん、長万部で一緒に先頭を走ったF島君、高速ののりさん、A山さん、O月さんそして生足マーチン、さらには今回初出場のりゅうやまパパさんと、先頭集団で一緒に走ってみたい方々が沢山います。

 しかし、最近は自転車のトレーニングをしていないので、今の私は最初の登りから付いていけないと思います。だからという訳では無いのですが、以前から次の200はブロンプトンでと思っていました。いつもとは違うペースの人とからめるのではないかと期待しています。

Ts3k0057

 今朝はニセコヒルクライムのコースを途中までブロンプトンで乗ってみました。サドルだけスペシャライスドに変えました。内装3段変速の16インチ。「軽い」「普通」「重い」の3段しかありませんが、登りはゲートまではシッティングで行けました。一昨年の恵庭600の9速縛りよりは楽でした。しかし、タイムはBMCに比べて25%ほど余計にかかっています。

Ts3k0063

 ペダルも変えたいのですが、折り畳み構造になっている左のペダルのナット?がやたら大きく、無理なのかなと思っていますが、明日ビンディングペダルに交換を挑戦します。

Ts3k0058

 また、16インチのチューブは持っていません。パンクしたら、特に後ろはホイールを外すと変速機も一体化しているようで元に戻せなくなりそうなので、チューブをタイヤ脇から引きずり出してパッチで直す以外は諦めるしか無さそうです。でも折り畳めるので、いつでも輪行可かもしれません。

 なんだか、とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

憧れる世界の大会

 2011年はPBPが行われましたが、2012年にはいくつか出てみたいと思う大会があります。出てみたいと思うだけで、実際に出るのは大変な事ですが。

 1つ目は「カスケード1200」。2012年6月23~27日。シアトル近辺からの1200kmブルベです。ブルベですが、夜は全て同じ宿に泊まるようです。

http://seattlerando.org/C1200/

2632858834_a6801d3584_m1

 2つ目は「ロッキーマウンテン1200」。2012年7月22~26日。カナダKamloopsスタートゴールのバンフ等も通過する山岳ブルベです。

http://randonneurs.bc.ca/rocky/rm1200.html

Ivanandrews_3231

 実は、最も出てみたいのは、ブルガリアで行われるブルベで「SVS1200km」。2012年6月30日~7月3日でブルガリアをほぼ一周します。ブルガリアは民族舞踊の宝庫で、本当はブルベではなくゆっくりあちこちの村に滞在して旅をしたい国。ロシア語もある程度使えるでしょうし。

http://www.svs-cycling.s5.com/custom2.html

Web_2010_copy1

 さらに、過激なところでは、アラスカのIditarod Trail Invitational1000マイル(1600km)or350マイルのMTB又はスキー又は徒歩でのレース。2012年2月26日~行われます。2012はもう定員一杯。アラスカの2月。狂っています。このMTBのホイールのリムとタイヤははすごい幅。どこで手にはいるのでしょう?フレームもそれに合わせて特注?

http://www.alaskaultrasport.com/alaska_ultra_home_page.html

5484628246_46e501d2e9_m1

 それから、これはトライアスロンですが「アイアンマン西オーストラリア」。taqさんがパースにいるので気づきました。アイアンマンシリーズ(スイム3.8km、バイク180km、ラン42km)ですが、苦手なスイムが木製の桟橋の周りを回るので不安が無さそうです。西オーストラリアも行ってみたいです。2011年12月4日。まだ申し込み間に合うのかもしれませんが、その日は既に仕事が入っています。

http://ironmanwesternaustralia.com/

Beach1

 やっぱり冬のアラスカより、夏のオーストラリアの方が楽しそうですね・・。

 以上、仕事が忙しすぎて、妄想だけがグルグル回っている私でした・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

平地でも雪?

 今日は羊蹄山だけじゃなく、ニセコアンヌプリもイワオヌプリも初冠雪でした。

Dscn0378

 手稲山にも降ったそうですから、特別な事では無いのかもしれませんが・・。

Dscn0379

 昼過ぎまで仕事、午後ちょっとだけ晴れた隙に8kmインターバル走をしました。

 その後、家族へ小樽へ買い物に。帰りに塩谷の中華料理屋「輝楽飯店」で刀匠麺を食べました。写真は海鮮刀匠麺?(塩味)

Ts3k0077

 9/17~10月末まで5周年記念と言うことで、4名以上に水餃子無料サービス。頼んでいないのに出てきたのでびっくりしました。

Ts3k0075 

 おかげで全員満腹に。特にここの自家製麺、お腹の中であとから膨れてくるような感じがします。

Dscn0382

 余市の実家に寄ってから倶知安に帰って来ましたが、途中気温1℃でみぞれが降っていました。さらに、家の前に停めてあった軽のフロントガラスを見ると雪が・・。雪と言うより大量のみぞれ?やはり初雪は、朝起きた時に一面銀世界でびっくりしないとだめですよね。これは霙ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

羊蹄山初冠雪

 写真はありませんが、夕方、雲の切れ間から少し山頂近くが見えました。7合目くらいまで雪で白くなっていました。今日は午前中仕事で、朝と午後は「め組の大吾」を読んでいました。

 自動車のブレーキの調子がおかしかったのですが、キャリパーのピストンとゴムの交換・洗浄、パットとローターの交換を前輪の左右とも行い、5万円ほどかかってしまいました。自転車じゃないので自分では出来ないけれど、MTBのディスクブレーキと原理は一緒なので説明を聞くとなんとなく分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »