« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

ニセコトレランのトレ

 今朝は自転車でアルペンホテルまで上がり、そこからNACトレランのコースを途中まで往復しました。

Ts3k1423

 今シーズンはトレランの練習をほとんどしていないため、ほとんど走れません。リフト下の階段を上りますが、全部歩きです。

 ヒルクライム、デュアスロン、フルマラソン、トレランと、次々と次の種目を迎える度に付け焼き刃の練習をする情けなさ。マルチスポーツの宿命ではありますが、もう少し一つに集中すべきかもしれません。(ヒルクライムに向けては結構精進したつもりですが)

Ts3k1424

 登りに30分近くかかってゴンドラの終点(標高800m付近)まで。標高差500mほど。

Ts3k1427

 下りは一部砂利道の方も使って約20分。家を出てから帰るまで1時間25分ほど。もう30分早く出ると、次のリフトの上までは仕事前でも行けそうです。NACトレランのトレーニングに本番コースを使える贅沢。でも、私は裏の五色温泉方面から登った方が、世俗的でなくて好きです。イワオヌプリでも空気がきりっとしています。

 NACトレラン、他の人はもう調整に入る時期に、やっと練習を始めました。あと10日。到底間に合いそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

しろくまカフェ

 先日、水泳の帰りに寄りました。「くまごろうカフェ」ではなく「しろくまカフェ」です。

Dscn0094

 場所はニセコビュープラザから蘭越方面へ国道を1キロほど行った右手。看板が前から気になっていました。

Dscn0091

 カフェですが、民家におじゃました感じ。靴を脱いで上がります。窓からは樹木の間から羊蹄山。飼っているチャボの鳴き声が微かに聞こえ、のんびりしたくなる雰囲気。

Dscn0086

 軽食もありますが、コーヒーと「今日のおやつ?」出てきたのは、トマトともものシャーベットとヨーグルトのシャーベット。下の子が食べたのを少しもらいましたが、トマトはこんなに上品に甘くなるのかと不思議な食感。

Dscn0084

 サービスでトウモロコシを出してくれましたが、旬です。甘い。

Dscn0089

 このままずっとのんびりしていたかったです。でも、他にお客さんがいるとお互い気を遣ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

北海道マラソン2011自己ベストならず

 今日は北海道マラソンでした。札幌国際ユースに泊まり、朝歩いて受付のパークホテルへ。早速入口で留萌のA井さんや留萌から栃木に行ったN瀬さん、さらにはSeasarとWファミリーにもお会いすることが出来ました。Wファミリーのすぐ目の前に、渋井陽子と土佐礼子がいました。

Ts3k1418

 一緒に留萌走ろう会の待ち合わせ場所へ。いるいる、珍念、姫吉夫婦、Y崎夫婦、K藤さん、デッキー、A部さん、亀ちゃん、さらに若い人や新しい人などかなりの大所帯です。さらに、通行人を見ていると、yyyさんや弟子屈でお世話になったN村さんにもお会いできました。

Ts3k1420

 今年は暑い。脱水が怖いので、バナナや水、それから昨日買ったクエン酸の粒などを食べます。ちなみに朝食は、実家で母親が昨晩作ってくれた酸っぱい梅干しと筋子のおにぎりでした。いつまで経っても母の前では子供です・・。

Ts3k1416

 スタートは0時10分。せめて11時くらいにしてくれれば、お腹すかないのに。でも今回はバナナに加えてあんパンやらベーグルやらゼリーやら、結構食べました。トイレにも行って、準備万全。スタートはブロックごと。Aは招待選手ら、Bは陸連登録者(遅い人もいます)、Cから一般参加者で過去の記録順。私はC。参加者1万人弱ということで、とんでもない数です。

 スタート直前の12時の気温28.9℃、湿度47%だそうです。整列して待っている間、日向に出ると暑い。そしてスタート。

 始めの1kmはほとんど歩き。進みません。7分かかりました。実はスタート直前から小便がしたくなっていたのですが、抜けると最後尾と言われ、我慢していました。走り出して我慢できそうになく、2kmの所のコンビニで借りました。

 10kmまでのペースは4分30秒前後。ちょっと速すぎる気もしますが、まあいいか。しかし、これは判断ミスだったようです。

 各給水所で水、スポーツドリンク、20kmではバナナと塩飴もしっかり取り、脱水対策は万全の気がして走っていました。ペースは20km付近で4分40秒前後。いい調子です。新川通も向かい風なので気温の割には涼しい。

 しかし、26kmの折り返しから、追い風無風の地獄の暑さです。26kmから32kmまでが辛かった。そして、30km付近からキロ5分をオーバーし始めます。その直後にニセコのN美さんに抜かれました。耐えて35km付近からロングスパートかとも考えていましたが、35km付近からはなんと5分半ペースに。もう、完全に「やられ」状態で、給水ごとに立ち止まってゆっくり飲む始末。レースやめたいというのがその頃の本音。

 北大校内に入ってもほとんどペースは上がりません。留萌走ろう会やyamamotoさん、O杉さんが応援してくれているのがわかりました。

 最後の直線だけ少しスパートしましたが、記録は手元の時計(グロス)で3時間29分14秒。自己記録更新どころか、北海道マラソン記録更新も出来ませんでした。

 ゴール後にニセコのF道さんにもお会いできました。

Ts3k1422

1kmごとの記録(トータル3:29:14)

700,433,521,431,426,433,439,439,439,451

448,442,441,449,442,441,449,434,450,436

449,443,448,450,438,457,437,449,454,500

515,508,456,508,520,531,526,525,519,527

524,602(1.2km)  avg4:57

■分析

 実は北海道マラソンには目標が2つありはっきり決まっていませんでした。一つは暑い中だから無理せず2年前の北海道マラソンの記録を上回ること。もう一つはフルマラソンの自己ベスト更新でした。2年前の道マラは前日200kmのバイクと2kmのスイムをして勝手にトライアスロンで望んだのと、気温が21℃と低かったため、本当の暑い北海道マラソンはある意味今回が初めてでした。

 2年前(3時間28分)を上回るならば、キロ4分50秒で走れば良いし、自己ベスト(3時間19分)を上回るにはキロ4分40秒で走ればいい。なのに、美幌のランが少し調子良かったことにおごって、4分半のペースで入ったまま行ってしまったのが最大のミスだったと思います。暑さの中、少しの無理が後半に大きく影響することがよくわかりました。また、6,7月はバイクの練習がほとんどで、絶対的なランの距離が少なかった事も否めません。

 ハーフマラソンまでのレースは、ある程度タイム予測は出来るけれども、フルマラソンは気候条件やちょっとしたペース配分その他の条件で結果が読めません。それだけ面白いとも言えますが、もう出たくないという気持ちも今はあります。

 とりあえず、「フルマラソン自己ベスト呪縛」からは開放されたので、ベストが出ずに喜ぶのも変ですが、少しほっとしています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

とびうお寿都大会・santana

 今日は寿都で水泳大会でした。私は計時役員として参加しました。天気が良く気持ちよかったけれど、当然ですがプール内は暑かったです。

Dscn0077

 下の子が出場しましたが、自己ベストが出たので、santanaでお食事。

Dscn0099

 クラブハウスサンド。美味しいです。量も相当あります。

Dscn0098

 和風ネギピザ。マヨネーズやベーコンも入り、味も量もなかなかです。

Dscn0095

 カフェラテも。飲み物セットで800円程度はこのあたりとしては良心的だと思います。

 明日は北海道マラソン。これから札幌に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

美幌の疲れ

 美幌から2日経ちましたが、筋肉痛が取れません。翌日朝に、迎え酒みたいな感じで3kmほど走りましたが、その時はフルマラソンの様な疲れは無いと思っていました。しかし、まだ大胎四頭筋の膝の上を中心に、筋肉痛です。攣っているのを無視してスピードアップしたから当然かもしれません。

 北海道マラソンに影響が出るでしょうか?トレランのトレーニングも始めたいのに・・。

 美幌のリザルトが出ていました。タイムはだいたい手元の時計通りでした。順位は、第1ランが17位、バイクが27位、第2ランが10位、総合20位、年代別8位でした。なんだか、バイクよりランの方が得意なタイプの選手になってきています。(昔はバイクが一番でした)

 美幌の倍くらいの距離の大会にしてくれたら、もう少し上位を狙えるのでしょうか?今、オロロンがあったら、どういう成績になっていたのか考える時があります。あっ、スイムで撃沈か。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

美幌デュアスロン、何とか4時間切り

 テントは快適で、スタート地点にいるので朝も時間に余裕がありました。バイクやシューズをセットし、軽くアップしてスタートに備えます。

Ts3k1404

 スタートは7時。参加者は1部(10kmラン+80kmバイク+10kmラン)男子170名、女子15名、2部(80kmバイク+10kmラン)男子37名、女子10名。その他、チームやジュニアもあります。1部の40代は一番多く、67名もいます。

Ts3k1406  

 スタート。陸上競技場を1周してからコースに出ます。私は、最初から全力で走ります。キロ表示が無いのでペースはわかりませんが、2km付近であの女子の第一人者あいりさんをとらえ一時抜いてしまいました。3km手前の登りで抜き返されてからは少しずつ離れてしまいましたが、ひょっとしたらそんなに遅くないのかもしれないと思っていました。

 第一ラン10kmの終了。タイムは手元の時計で40分15秒。えっ?本当?距離短いんじゃないの?という感じでした。

 トライアスロンと違ってウエットスーツを脱がなくても良いのでトランジットは速い。バイクに乗り始めて始めは下りですが、平地向かい風になるとどうもスピードが出ない。少しずつ抜かれてます。5km地点の登りではごぼう抜きすることが出来ました。ヒルクライム効果でしょうか。しかし、10km地点を前にして何と両足のふくらはぎが攣りました。これがデュアスロンの怖さです。

 引き足を使って回すペダリングをすると攣るので、踏むペダリングに変えましたが、どんどん選手に抜かれていきます。りゅうやまパパに抜かれた時、攣ったことを使えると、「水はありますか」と、自分のボトルをくれそうな勢いで、感激しました。心拍は全然なのに足を使えない。悔しいけれど、仕方がありません。踏んで踏んで耐えるしかありません。しかも向かい風がきつい。DHバーを握るとすぐに攣るので、これも辛かった。

 60km過ぎになってそれまで給水所で水分を取りまくったのが功を奏したのか、やっと少し足が楽になり、そこからは抜きかえし始めました。70km付近でやっと10年連続出場のyyyさんに追い付きました。結局、バイクタイムは手元の時計で2時間37分。avgは31.0km/hでした。80kmで400kmブルベと大して変わらないavgとは・・。

 第2ランへのトランジットも1分と少しで入れました。第2ランも攻めていきます。踏んでバイクに乗ったため、今度は両足の大腿四頭筋の膝の上あたりが攣ります。しかし、その痛さに耐えながら走ります。バイクで走りたくても回せなかったため、体全体には疲れが出ていない気もします。どんどん前を行く選手が近づいてきて抜くことが出来ました。残り5km付近でりゅうやまパパにも追い付くことが出来ました。第2ランで10人以上抜いた(一人も抜かれず)と思います。第2ランはトランジットも含めて手元の時計で41分34秒。晴れて暑い中、良く健闘したと思います。ただ、いくら頑張ったとは言え、これは速すぎます。第2ランは10km無いと思います。

Ts3k1415

 トータルは手元の時計で3時間59分16秒。閉祭式前に頂いたゴール写真では3時間59分13秒になっています。何とか4時間切りを達成する事が出来ました。残念ながら私がトラックに入る頃にゴールのアナウンスをされていた選手が年代別6位入賞。もう少しのところで入賞を逃してしまいました。でも、バイクは少し悔やまれるものの、ランの成績には大満足です。

 Ts3k1414

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

美幌デュアスロン開会式

  美幌デュアスロンの開会式とレセプションが行われました。何人かの知り合いの人にお会いできました。大会運営方法など、基本的には15年くらい前と変わっていないなあと思いました。抽選会では残念ながら何も当たりませんでした。

Ts3k1399  

 会場近くにテント泊です。yamamoto氏は車中泊です。

Ts3k1403

 久々にトライアスロン系の大会で、ほのぼのしていて雰囲気が良いなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

鏡沼で熊情報+ナイトラン

 今朝はアンタレスにトレランシューズで、鏡沼入口まで行き、そこからトレイルランで鏡沼往復しました。

Ts3k1395 

 鏡沼入口に看板。23年8月12日に熊出没だそうです。これってたった6日前。

Ts3k1394 

 怖くなって止めようかと思いましたが、せっかくなので行きました。熊鈴も笛も無いので、5秒に1回くらい「ウォー」とか叫びながら走りました。特に沢の近くはいるような気がして声を大きくしました。

Ts3k1392

 鏡沼往復25分ほど。獲得標高は138mでした。トレランとしては平らすぎるのかな。この後、太陽が昇ってきました。

Ts3k1397

 ただし、倶知安の街は雲(霧)の下。標高400mあたりより上には雲はありませんでした。家を出てから帰るまで、1時間20分ほどでした。

 夜にもランをしました。明日は健康診断でバリウムとかあるので、朝水飲んだりできません。NACのトレランの申し込みをまだしていなかったので、申し込みがてらNACまで夜8時過ぎに走りました。

 往復14km。1kmごとのインターバルで走りましたが、キロ4分フラットくらいと5分少しの組み合わせで走ることができました(avg4:38)。夜で涼しかったこともあるのかもしれませんが、1週間前には考えられなかった事です。数日間で急激に春の状態くらいまで体が戻りました。美幌にとりあえず間に合った様です。不思議な体です。

 実は3日前に42km走った次の日にもあまり疲れが残らず、7kmインターバルをやった上に、調子にのって年甲斐もなくバレーボールのスパイクを50本ほど飛んでしまい、右膝の皿の下が痛くなっていました。今朝のトレランではまだ右膝は痛かったのですが、今夜にはほぼ治っていました。しかし、逆の左膝は長く走ると外側少し痛くなってきます。ハードで有効なトレーニングと故障のギリギリのところを彷徨っている気がします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ラン42km、有島記念館

 ランの練習で、帰省中も毎日20kmくらいは走ろうと思っていましたが、左膝に違和感があり、一昨日は12kmのインターバル、昨日も9kmしか走れませんでした。でも、北海道マラソン2週間前ですし、距離を走っておきたい。

 今日も、膝が痛い感じがあったのと雨が降り出しそうだったので、午前8時前から、まずは20kmインターバルで走りました。

 アンタルヤマラソンとかもあったので、春にはキロ4分のインターバルが出来ていましたが、今日はキロ4分半くらいまでしか上がりません。

 22km終えても、膝には特に痛さは無く、雲っていますが雨も降ってこないので、もう20km走りました。LSDで、キロ6分くらいまで落ちましたが、30km過ぎから少し元気が復活し、キロ5分半くらいに上がりました。Santanaのところでバイクに乗るチームニセコの若いS君、最後の方で同期A君のバイクとすれ違いました。

 発汗がものすごく、Tシャツから出た汗が短パンを伝わって靴下に。走り終える頃には、雨は全く降っていないのに、汗で靴が濡れていました。初めての経験です。脱水防止のために、塩飴と水分は沢山とりました。また、第1ランと第2ランの間には恒例の?卵かけごはんをかき込みました。走り終えた後、今もお腹が下って大変です。

 結局42kmでランタイム3時間49分。トイレやコンビニの時間を加えると4時間12分。膝は何故かほとんど走る前と変わらずで大丈夫。シャワーを浴びで出てきたら凄い雨。故障を引き起こさず、雨も避けて下さった神様?に感謝です。

Dscn0024 

 午後は、家族と有島武郎記念館へ。実は行ったことが無かったのです。本も昔『小さき者へ』と『生まれ出る悩み』を読んだのみ。農地解放の話とか、部分的に知っていたことが全体としてつかめました。『カインの末裔』を買ってしまいました。

Dscn0031

 それから、ひらふのSantanaの向かいにあるビーグルというソフトクリーム屋さんへ。京都から来たおじいさんが一人でやっています。

Dscn0032   

 妻の食べた和風ソフト(380円)が白玉やあんこが沢山入っていてお勧めかも。写真はチョコバナナ(330円)。ひらふにはまだまだ知らない店がたくさんあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

羊蹄山7合目まで

 今日は午後から下の子と羊蹄山に登りました。

Ca0qpyxy

 ニセコくらいしか登ったことが無かったので、上まで行けるかどうかはわかりませんでした。登りのペースは結構速いのですが、5合目を過ぎたあたりから、疲れが出てきたようです。

Caay1yxv

 下りも未知数なので、7合目で引き返しました。しかし、下りも意外と速く、上まで行けたかもしれないなと思いました。でも山で無理は禁物です。7合目は1350m付近、ちょうど標高差で1000m登ったことになります。登り2時間、下り1時間40分でした。

 天気は良く、6合目上からでも日本海まで見ることができました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

デュアスロン練習

 今日は午前中休みを取り、美幌デュアスロンに向けた練習をしました。

 始めに10kmのラン。くるぶし下の違和感はほぼ治っています。しかし、朝からすでに結構暑く、ランの練習があまり出来ていないこともあり、50分34秒でした。自分としては48分くらいで走っているつもりだったのですが、ランのインターバルとか全くやっていないので、力は落ちているようです。

Ts3k1387

 続いてバイク80km。80kmと言えばあのコースが一番車が少ないし気持ち良い。自転車はアルミのアンタレス。ランのものすごい汗のまま登ります。五色温泉まで53分。もうやる気無し。新見の登りでは、「こんなきれいな風景を苦しんで登ること無い」と自分に言い訳し、トレーニングモードから一気にサイクリングモード。本当にこの登り、車来ないし、木漏れ日多いし、上がるに連れて涼しくなるし、最高です。新見峠の三角屋根トイレ横の駐車場には車は一台もいませんでした。

Ts3k1391

 神仙沼駐車場で、耐えられなくなってコーラとすあまを購入。続けてたらたら登ります。そしてパノラマラインの下り。標高が下がるにつれて、気温が高くなります。

 結局、バイクタイムは3時間33分。トランジットは全てバイクに上乗せしたのですが、ライドタイムでも3時間17分。ひどいものです。

 第2ランも10km。既に真昼。気温は31℃だったそうですが、風が出ていたので向かい風の時だけ少し涼しく感じました。第2ランは54分06秒。なんとかキロ5分台前半。最後の方になって少しだけ左膝が痛くなってきました。

 総時間5時間17分52秒。バイクコースは平坦なところを選んで、avg30kmとか目標を定めて走った方が良かった様です。山岳コースだから本番はもっと楽だと思いたかったのですが、ダラダラ登りになってしまったし、上は気温が低かった。

 ランは課題が二つ。練習不足によるスピード低下と、暑さによるスピード低下。間寛平さんは50℃でも走れるようになっていましたから、暑さは慣れるしかないのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

『サヴァイヴ』 『アンダルシア』

 最近読んだ本から。

『サヴァイヴ』 近藤史恵著 新潮社

『サクリファイス』『エデン』に続く自転車レースシリーズ3作目。相変わらず分かり易く自転車レースをテーマに書いてあり、すぐに読めます。ただ、いくつもの逸話が交錯し、誰が主人公なのか少しぼやけてしまっている気もします。

『アンダルシア』 真保祐一著 講談社

こんなかっこいい日本の外交官がいるわけないと思いながら読み終えました。ピレネー山中の小国アンドラとスペイン、フランスとの関係についてもイメージがつきました(アンドラは確か昨年山岳スキーレースの会場にもなっていました)。映画にもなっているのですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

カフェ「Santana」

 ヒルクライムの帰りに、ブルベ仲間と立ち寄りました。知り合いが勤めていて、以前から行ってみたかったお店です。

Ts3k1374

 ここはメニューや雰囲気も良いのですが、何よりも立地場所が良いです。オープンデッキに座ると、ヒルクライムの日には行き交うライダーがずっと見えました。

Ts3k1373

 オムライス(スープ、サラダ付きで850円)。他に、ピザやスペシャルサンド?もお勧めだそうです。バイクよりもランで立ち寄る方が、私にとっては補給やトイレで便利な場所にあります。

 赤と白の外装は、BMC+EASTONのバイクがよく似合う気もしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

ニセコ花園ヒルクライム2011

 今日はニセコヒルクライム当日。参加者が昨年より倍増し、すごい数です。私はワンランク上がりS4のカテゴリーですが、S4が一番参加者が多く130名ほどもいました。

Ts3k1370

 チームニセコ関係者やブルベ仲間など、出走前から多くの方々とお会いできました。スタート直前になり、タイヤがふにゃふにゃ。急いで家に帰って入れ直すと、2~3気圧まで下がっていました。チューブラーは抜けやすいのでね。

 スタートして農高の前まではパレード。とは言っても位置取りですでにせめぎ合いが始まっています。農高前から旗が振られてスタート。私は出来るだけ右の方から抜き前を目指し、気が付けばエリートとS2の先頭集団近くまで行っていました。しかし、6㎞付近からオーヴァーペースの付けが来て、どんどん抜かれ始めます。

 ゲート越えて道路が狭くなってからもペースが戻りません。練習でいつも走っているケイデンスも維持できていません。それでも前半の貯金が大きく、自己ベストペースです。

 最後の方はボブさんと一緒になり、何とか付いて行きましたが、最後ちぎれてしまいました。こんな辛いこともう来年からはしたくありません・・・

 町中スタートからゴールまで手元の時計で41分47秒。昨年より1分ほど早く自己ベストです。

Ts3k1371

 頂上ではゴールした選手同士、心拍上がりまくってハイになった状態でしゃべりまくっていました。私も随分色々な人とお話しました。

Ts3k1372

 頂上からはyamamotoさん、あすなろさん、ほりひろさん、iwanさん、KIKOLIんらのブルベ仲間とパノラマライン経由で、途中サンタナで昼食をとりながら帰ってきました。ディープリム、下りやはり速いです。でも少しの風でもハンドルとられます。

 リザルトの発表と表彰式。私のタイムは39分02秒でS4で29位。昨年は42分51秒でS5で4位だったので、参加者が増えただけではなく皆ペースが上がっています。計測は昨年がスタートからで、今年は農高の前からの計測になっているのかもしれません。

Ts3k1375

 表彰式。エリートが速いのはもちろんですが、S2・S3よりもS4のトップの方が速かった。しかも大学生のその彼は、先日の長万部400で20時間くらいで走った人。若者の瞬発力と伸びしろの大きさには脱帽。私と330km付近まで一緒に走っていた大学生の人もS4で4位。短距離では全く歯がたちません。

 その後は、またクロカン少年団の店で焼き鳥を焼き、SPROUTさんで美味しいアイスカフェラテを買い、下の子供とビアガーデンに少し寄って、花火を見に行き、じゃが祭り2日目を楽しみました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

じゃが祭り

 今日は倶知安じゃが祭り一日目。午前中はずっとクロカン少年団の店でテント立てをした後、焼き鳥焼き。暑かった。午後からは仕事でした。

Ts3k1360

 夜も家の前はビヤガーデンでずっと騒がしく、祭りに出ると、行灯があり、無秩序によさこいソーランだの様々な踊りやパレードが流れていました。じゃが祭りは(倶知安の祭り全般に言えますが)メインが何かよくわからない。バラエティには富んでいます。

Ts3k1364

 マナーニャさんが出していたパフェを買って帰りました。美味しかったです。

Ts3k1368

 ところで、朝新しいいホイールを自転車に付け、朝8kmほど走ってみました。まだ、あまり違いは分かりませんでした。下りで加速したときは急に速くなった気はしました。

Ts3k1357

 明日のニセコ花園ヒルクライムでホイールはほぼぶっつけ本番となります。重さは、ホイール+タイヤ+スプロケ+クイックのセットごと交換したので比較してみると、前輪マイナス190g、後輪マイナス333g、計523gのマイナス。ペダルレスで6.8kgくらいになったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

最終兵器

 ヒルクライムを前に、ついにカーボンホイールを入手してしました。

Ts3k1355

 イーストンEC90カーボンディープリム、チューブラーです。初めてのチューブラー、初めてのディープリム、初めてのカーボンリムです。ハブはセラミック。中古ですが、2010年モデルで状態はかなり良いのではないかと思います。

 これで、カタログ上ではフルクライムレーシング3に比べて前後で0.4kgほど軽くなるので、自転車はペダルレスで6.9kgくらいになる筈です。

 BMCは、フォークもハンドルバーもシートポストもイーストンで組まれているので、実際に自転車に付けてもマッチするのではないかと思います。明日、付けてみます。試走できるかな?

 BMCにEC90って、今年ツールドフランスで総合優勝したエバンスと同じでは・・・。分不相応だったかもしれません。練習での山登りタイムは昨年とほとんど変わっていないので、ホイールの力でどれだけ速くなれるのでしょうか?

 年齢による力の衰えを物でカバーしようとする情けない男になってしまいました。同時にいかなる言い訳もできなくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

2011年7月のトータル

先月のトータルは

ラン144km+バイク1351km×0.4+スイム3.0km×4

696(ラン換算km)でした。

 先日の34kmランのあと、右くるぶし下が捻挫していないのに痛く、それ以来走っていません。北海道マラソン黄色信号です。体重もヒルクライムの前なのに、少し増えて来てしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »