« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

2011年6月のトータル

 今日で6月も終わり。最後に稼ごうと、先ほど12kmのナイトランを終えました。朝は羊蹄山一周でした。

6月のトータル

ラン172km+バイク661km×0.4=436(ラン換算km) 

 さて、明日から7月。バイクもフェンダー代わりのキャリアが付いた少し重いアンタレスから軽いBMCに変えましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

円山・大倉山ラン

 昨日から今日にかけて札幌で会議です。今朝は市内から円山に行き、円山往復トレラン。朝の札幌、空気が冷たくて気持ちいい。頂上からの風景も素敵。登り12分、下り10分くらいでした。その後、大倉山まで行き、ジャンプ台の横の山道を登る。こちらは急勾配だけど途中まで舗装してあり、その後は階段があって走りやすい。登り7分半くらい。

 大倉山の山頂で、何と2匹のテンと遭遇しました。札幌の自然も捨てたものではありません。こちらの展望も絶景です。降りて今度は宮ノ森へ。この道も札幌と思えないくらい自然豊か。宮ノ森ジャンプ台は入口のところでゲートが閉まっていました。

Ts3k1198 

 宿(南2西19)に戻ってだいたい2時間、20km相当のランでした。

Ts3k1197_2

 さて、今回の宿、一泊(12時間)何と1000円+コインシャワー200円。ネットカフェのパソコンが無い感じ。一応個室ですが、壁は天井までは無いので音とか筒抜けです。

Ts3k1196

 しかし、1000円です。バス停や車の荷台よりはずっと良い。私には十分。ちなみに、ここは10日1万円、1ヶ月3万円。住民票登録もでき、バイトを探しながらここを根城にしている「住民の」皆さんが沢山いました。調理具や冷蔵庫、洗濯機も使えます。

 入口で何故か、アジアの安宿と共通の匂い(洗剤なのかな?)を嗅ぎました。安宿に慣れていない人にはきついかもしれません。

Ts3k1201

 今日の昼食スープカレー CHUTTA!。鳥の骨が取れていて、食べやすかったです。

 それにしても、この天気の中会議とは・・。「今頃ニセコで自転車に乗ったり、サロマでずっと走ったりしているんだろうなぁ」と思いながらいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

新兵器?

 新しいDHバーです。

Dscn0280

 今までのプロファイルのは700g近くあったし、少し壊れて来たので、BMC用に購入しました。重さは半分くらいですが、思っていた以上に小さくて、これで力が入るのでしょうか。

Dscn0286

 羽幌400の時に、下りでDHバーを付けて速かった人に引っ張ってもらいました。やはり下りと平地と逆風にはDHバーは有効だと思います。このバー、サイクルコンピュータをつける橋と、最前方に工夫すればライトをつけられそうなブリッジが付いています(かなり細いけど)。ブルベ長万部400で活躍してくれるといいな。

 本当はあと、カーボンホイールも欲しいのだけれど。BORAとか・・・ははは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

SEA TO SUMMIT閉会式

 今日になって筋肉痛がけっこうあります(上半身も)。

 ロープウェーで降りた後、自転車でダムまで下ります。標高が下がるにつれて、どんどん夏になっていきます。湖でウエットスーツやカヌーを片付け(ほとんどyamamoto氏がやっていました)車で旭岳温泉に戻ります。

Ts3k1185

 昨日泊まった宿の風呂は入っているので向かいの宿の温泉に入りました。入る前に2人ともとてもお腹がすいていたので、オリジナルスープカレーを注文し、貪る様に食べました。

 閉会式では個人の部3位までの表彰が行われました。3位はなんと大阪から来たモンベルの社長、2位は京都から来た私と下の名前の漢字が同じ人、そして1位は旭川在住の外人さんでした。表彰は個人の部のみで、参考にということで全チーム・個人を通じて一番タイムが良かったチームとして、私達のチームが紹介されましたが、残念ながら商品は無しでした。いくつかの特別賞はあり、yamamotoさんは、意外な賞を受け東川米と大雪の湧水をゲットしていました。

Ts3k1186

 その後、抽選会に入ります。商品が沢山並んでいますが、何と言っても赤いカヌーが目を引きます。抽選は商品ごとにコンピューターが選手名を抽選し、当選者名がスクリーンに表示されます。けっこうドキドキして盛り上がりました。

Ts3k1191

 神田山陽さんや宍戸開さん、yamamotoさんはサイクルコンピューターが当たっていました。

Ts3k1194

 私はHIGHGEAR”axio”の高度計付き腕時計が当たりました。ネットで調べてみると1万5千円くらいはする物です。参加料の元が取れてしまいました。

Ts3k1193  

 その他にも、この大会では、上の写真の参加賞を受け付け時にもらっていたので、随分得した気分になりました。

 最後に全員を対象にカヌーの抽選。1度目はモンベル関係者の女性がゲットしましたが、辞退されたため、もう一度抽選。今度は、別な女性の方に当たりました。その女性は来年もカヌーで練習して再チャレンジするとコメントしていました。どうやって持って帰るのでしょう・・・。最後に全員で集合写真を撮り終了。

 レースとしては中途半端な感じもありますが、シンポジウムも含めて、こういうゆったりした大会も良いものだなと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

大雪旭岳SEA TO SUMMIT

 朝、4時過ぎに起き、旭岳温泉から忠別湖のトライアスロンスタート地点と同じ場所に行きました。朝の忠別湖靄がかかって神秘的。カヌーを組み立て、自転車をラックにかけ、登山用の荷物を預けます。

Ts3k1154

 私達のカヌーは少し他のものより古く、細長くない・・しかし、ラフトボートで参加したチームもあったので、それよりはずっと楽だったと思います。

Ts3k1160

 開会式では、神田山陽さんが選手宣誓。ちなみに今日の模様は来週木曜日16:30からUHBで放映されるそうです。

 さて7:00スタート。参加者は個人の部7名、チームの部9チーム。カヌーでは、往復5kmの直線コース。ウエットスーツまたはドライスーツが義務化され、私達はウエットスーツでしたが、暑い、漕ぎにくい。でも久々の水の感覚気持ちいい。モンベル北海道の男女チームうまいし早い。個人の外人さんが2番目、そして私達は、それでも、3番目にカヌーを終えました。時計持っていなかったけど、40分くらい?

 バイクのトランジットはまるでトライアスロン。バイクは片道15kmの山登り。舗装道路なのでほとんどの人がロードバイクです。私はクリート無しで(トレッキングシューズ)登りました。少し早く着替えて出発したyamamotoさんになかなか追いつけません。ニセコの登りとよく似た感じです。追い付いた頃には先行していた2名を抜いて、トップの外人さんのみ追いつけませんでした。登り50分くらいでした。

Ts3k1167   

 バイク終了時点で、一旦タイムカードで競技は中断します。そこから山用に着替えて、15分に一本のロープウェーに乗ります。大会のゼッケンがあるとロープウェーは無料です。バイクまで1番の外人さんと、私達とカヌーで1番だった男女のチームの5名が9時00分発のロープウェーに乗りました。このあたりから、レースなのか観光なのかよく分からなくなってきます。景色最高です。

Ts3k1171_2

 姿見駅で、再びタイムカード計測が始まります。しかし、登山パートは自然保護のため走るのは禁止。雪の上以外は基本早歩きで登りましたが、姿見の池を越えてからは、走れる斜度ではありません。しかし、休まず早歩きで登りました。外人さんも、男女ペアもどんどん後ろに離れて行きます。そう、トップです。

 ロープウェーに乗っていた時は頂上が見えていたのに、7合目を過ぎたあたりからガスってきました。気温もぐっと低くなります。

 9合目を越えて最後のきつい登りを終えるとゴール。たくさんのスタッフの方々が寒い中待っていてくれました。山登り50分くらいでした。

Ts3k1174  

 しばらくして、男女ペアと外人さんもゴール。お互いに健闘をたたえ、仲良くハイタッチをして、下りは登ってくる後続の選手に声をかけながら、(走ってはいけないし大会も終わっているので)皆でのんびり降りていきました。

Ts3k1184

 姿見の池付近では、完全に観光になりました。あとは降りて後かたづけと閉会式です。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

SEA TO SUMMIT開会式

 モンベル主催の大会で旭岳温泉に来ています。この大会「海から頂上まで」ということで、日本で4ヶ所ほどで行われており、北海道では初開催。忠別湖で5kmのカヌー、自転車で15kmの登り、ロープウェーを挟んで旭岳頂上までの2キロの登山を個人やチームで行います。コンセプトは自然保護で、スピードを競うよりも自然を楽しんで下さいという感じです。

 開会式後、内田正洋さんや神田山陽さん宍戸開さんらのシンポジウムが行われています。

Ts3k1145

 さすが講談師、神田山陽さんはマイクを使わず、しかも話がめちゃくちゃ面白い。今は道東(大空町?)で電気を使わない生活をしているそうです。明日、選手としても参加します。

 選手より、スタッフや関係者の方がずっと多い感じの大会です。スポンサーも沢山付いていて、閉会式では全員に参加賞が抽選であたり、その目玉はカヌーだそうです・・。

Ts3k1147

 車中泊の予定でしたが、雨が降っているし、出発地点のトイレや駐車場は夜閉鎖されるので、開会式が行われたグランドホテル大雪にyamamotoさんと宿泊することにしました。夕ご飯は、「旭岳山の祭り」会場で選手用クーポンを使って蝦夷シカカレーなどを食べ、9時前には寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

旭山動物園ラン22km

 今朝は、旭山動物園まで往復ランをしました。街中は信号と自動車で快適ではありませんが、美味しそうな店の看板だとか色々発見があって、河川敷を走るよりも飽きなかったです。

 旭山では電波塔のある山にも登ってみましたが、眺望はそれほど良くありませんでした。動物園の裏側からは鳥や鹿に会うことができました。ネットタイム、ちょうど2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

旭川出張朝ラン

 旭川に来ています。朝、5時から20kmほど石狩川沿いを走りました。

 霧雨上がりで少し寒かったけれど、途中までトイレや水のみ場が完備していて走りやすかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

ニセコ山岳自転車トレーニングコース

 今日は、ニセコアンヌプリとチセヌプリを大きく8の字で回る山岳コース79kmを自転車で走りました。峠を3つ越え、獲得標高1500mくらいです。

 まずは、倶知安(標高約200m)からワイスゲートを通り五色温泉手前の峠へ(約800m)。いつもの朝のトレーニングコースです。登り約50分。

Ts3k1136

 ここから下って五色温泉前を通り、パノラマラインとの分岐を左に降りて、チセヌプリスキー場前を通り、しばらく下ります(好きな下り)。旭台のところから右に曲がって、パノラマラインと新見温泉をつなぐ新しい舗装道路をさらに下ります。ここもほとんど車は走っていません。

 蘭越と新見温泉を結ぶ道路に出たら(標高約300m)右に曲がって新見温泉への登り。この登り、木漏れ日多くて、車ほとんど来なくて大好きな道です。今日は下の方ではセミが盛んに鳴いていました。五色への登りは心拍140前後のトレーニングモードでしたが、新見の登りは心拍130前後のブルベモードになってしまいました。新見温泉の上の狭い道も、39-27で80回転をなんとか維持する程度で登ります。そして新見峠(標高約750m)。

Ts3k1137  

 ここから狭い下りを少し下り、パノラマラインにぶつかったところ(標高役575m)から右に曲がり登り始めます。神仙沼の駐車場を左手に見ながら登ります。緩く見えますが、今ひとつスピードが出ません。そして、パノラマライン最高点、チセヌプリ登山口の峠(標高約825m)。

Ts3k1138

Ts3k1139  

 ここからはひたすら下り。雪秩父の前から、本日2回目となる同じ道の下り。この下り、私はあらゆる下りの中で一番好きです。60kmくらい出るけどカーブは緩く、舗装の状態は最高。今回の8の字コース、この下りを2回も下れるのです。

 昆布温泉からyamamoto氏の家の前を登り、比羅夫で「にんじん」のベーグルを買い、山田で「花地蔵」のパンを買って帰って来ました。

 走行距離79km、ライドタイム3時間11分、Grossタイム3時間20分。avg24.5km/h

 山菜シーズンにも関わらず、車はほとんど走らず(五色の方は多かったです)、鳥と蝉と渓流の音を聞きながら登ったり下ったりできる、最高のコースです。ただ、トレーニングと位置づけるには、もう少し回せる足が必要かな。平地の100kmよりもずっときつい感じがします。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

千歳マラソン、自己ベスト

 さて、千歳マラソン、受付を済ませると、留萌走ろう会の珍念さん、A部さん、Y崎さん、K藤さん達やレッドキング氏とも会うことができました。

Ts3k1129

 みんなでスタート地点へ。今回はアップゼロ。最初の数キロをアップ代わりにすればいい。珍念さんと一緒にA部さんを探しているうちに最前列近くまで来てスタート。

 天気は良く、風は涼しく気持ち良い。このマラソンコース、35km地点まではほとんど林道。しかも近くに川が流れていたり、木陰が多かったりして、私は好きです。

 折り返しまでは登り基調。登りなのにキロ4分40秒くらいで走っていきました。それが別に辛くはないペースだったのでそのまま行きました。

 折り返しで珍念さん・A部さんとすれ違いました。私の方が500mくらい先を行っていました。そこからは下り。キロ4分30秒くらいになります。

 30km手前の給水所6は、JALなのでフライトアテンダントが沢山。その横を見ていたら、いました、先輩のO杉さん。私を見つけて声をかけてくれましたが、私はドリンクを飲んだばかりで声が出ませんでした。

 30kmからは、「今30km地点を走っている」と考えるのではなく、私が得意なクロカンスキーの札幌国際スキーマラソンをイメージし、「あと12km」「あと7km、焼山終わった」とか考えてペースが落ちない様に工夫しました。36km過ぎからキロ5分前後に落ちましたが、それでも最後まで大きく落ちることは無く、何とか3時間20分を切ってゴール。最後の6kmは頑張った分疲れました。

Ts3k1132

 ほどなくA井さん、A部さん、珍念さんもゴール。さらに留萌走ろう会の若者が、初マラソンで3時間30分台と38分台でゴール。すごいと思いました。

Ts3k1135  

 ゴールでふかしたイモ(きたあかり)をもらい、お風呂に入って帰りました。お風呂から出るときに、羽幌400で一番にゴールした人と偶然会いました。

 上の子は今日が高体連水泳の支部大会で、何とか全道大会の出場権獲得しました。帰ってから、お祝いの外食を家族でしました。

 記録 3時間19分51秒(年代別99位/1300人くらい)

10kmまで406,402,523,456,424,430,439,439,442,436

20kmまで524,440,440,440,445,433,439,442,450,451,

30kmまで453,450,427,435,427,430,432,444,434,450

40kmまで436,439,448,459,454,457,510,446,505,506

ゴールまで450,446+50         avg4:44秒/キロ

 11kmのところはトイレで遅くなっています。最初の方はペースも距離表示も一定でない気がします。

 何とか自己ベスト更新出来たし、20分もたった9秒ですが切ることができました。更新の幅が少なくて、ちまちましていますが、これでまた、フルマラソン自己ベストの呪縛から解かれることはありません。次は北海道マラソンにエントリーしているので、プレッシャーがかかります・・・

  

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

フルマラソン自己ベスト呪縛?

 明日は千歳マラソンです。

 今まで、フルマラソンは7回出ていますが、勝手にトライアスロンにした2009年の北海道マラソン以外は、すべて自己ベストです。

2003、8、24 オロロントライアスロンのラン 5:39:46(初の42km、歩いた)

①2003、10、13 旭川マラソン 4:41:57 初マラソン、後半歩いた

②2005、6、5 千歳マラソン   3:49:37 サブ4達成

③2007、5、20 洞爺湖マラソン 3:28:44 自己ベスト更新

④2009、5、24 洞爺湖マラソン 3:26:28 珍念さんとバトル

⑤2009、8、30 北海道マラソン 3:28:31 前日バイク200km、スイム2km

⑥2010、5、23 洞爺湖マラソン 3:22:56 東京の女性と併走

⑦2010、12、5 マカオマラソン  3:20:40 現在の自己ベスト

⑧2011、6、5 千歳マラソン      ?

 5月のランの練習量が少なく、どう考えても自己ベストは難しそう。ベストを出せない言い訳の為に、勝手にデュアスロンにして自転車で往復200走って行こうとも考えていましたが、天気が今ひとつだし、妻に「往生際が悪い。撃沈しておいで。」と言われ、素直に自動車で行くことにしました。今回は自己ベストの呪縛から解放される事になりそうです。もちろん最善は尽くしますが。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

イワナ31cm

 昨日はヤマメの解禁日でしたが、諸事情で今日、年に一度の釣りに行きました。

Dscn0057

 家から10分ほどのところ。ヤマメはピン子すらゼロ。アメマス23cmと31cmのみ。本州では尺イワナということになるのでしょうが、やはりヤマメが釣りたかった・・。

Dscn0067

 もともと魚影の濃くない川だし、まだ水温が低いのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »