« ルスツスノーゲイン大会 | トップページ | 中華『再来軒』 »

2011年4月 3日 (日)

蘭越歩くスキー大会2011

 今日は蘭越町ニセコ連邦歩くスキー大会でした。チセヌプリスキー場をスタートし、ひたすら登ってチセとシャクナゲの間(ビーナスの丘)を通って長沼に降り、少し登って神仙沼まで一周して帰りはひたすら下りという、クロカンと言うより山岳レースです。

Ts3k1042

 この大会、例年のことですが大変ほのぼのしていて、順位も計時も無し。スタート前に出ていく人、途中でショートカットしたり、勝手に引き返したり。5km、10km、15km、30kmとカテゴリーはありますが、何でもありの大会です。

 私は30kmに、二人の息子は15kmにエントリー。私はアトミックのクロカンスキー、上の子はアドベンチャースキー、下の子は鱗の歩くスキーで参加しました。

Ts3k1055

 スタートしてすぐにスキー場の急な斜面の登り。そこで中学生の誘導員を全員抜いて、トップに出てしまいました。その後、高校生の誘導員N君(南北海道優勝者)が来てくれて、終始彼の後ろを走りました。途中登りで一人抜かれましたが、下りで抜き返してからはN君とずっと一緒に走りました。何故かしょーきちさんがレースとは別に山岳アドベンチャースキーで登っていました。

Ts3k1054

 標高が高くなるにつれて気温も下がり風も強くなりましたが、雪の条件がこの時期としては考えられないくらいよく、真冬の様でした。後半になって天気も晴れて来ました。

Ts3k1057

 下りもスピーディーに下れ、最後の壁もかなりのスピードでフィニッシュできました。ちゃんと30km走った中では、間違いなくトップ(N君と一緒に)です。昨年に続いて2連覇ですが、誰も表彰してくれません・・。ちなみにタイムは手元の時計で1時間57分11秒でした。昨年より速いのは雪の条件が良かったのとN君に付いていけたためだと思います。

Ts3k1065

 この大会、我が家は何故か毎年何か抽選で当たります。今年も下の子が抽選2等をゲット。山菜漬け物とかの詰め合わせでした。

 豚汁やコーヒー(美味しかった)をいただき、すぐ隣の雪秩父で温泉に入り、再来軒で中華料理を食べて帰りました。

  

|

« ルスツスノーゲイン大会 | トップページ | 中華『再来軒』 »

クロカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/39473497

この記事へのトラックバック一覧です: 蘭越歩くスキー大会2011:

« ルスツスノーゲイン大会 | トップページ | 中華『再来軒』 »