« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

バーベキューハウス木々亭

 ニセコアンヌプリスキー場の麓にある温泉施設「ニセコいこいの村」向かいのバーベキューハウス。肉類を中心にバイキングを楽しめます。

Ts3k1041

 職場の中で、特に土日の私の業務が、屋外中心から屋内中心に変わります。職場を去るわけでもないのに、前の関係者が送別会みたいなものを開いてくれました。身に余る光栄です。

 バイキングは60分1980円、90分2480円。飲み物は別。肉、野菜、魚介、サラダ、スープ、フルーツポンチ、シュークリームくらいでそれほど種類は多くはありません。でも、この付近では貴重なバイキングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

ラーメン「いちたか」

 倶知安の三浦菓子店と厚生病院の間にあるラーメン屋さんです。

Ts3k1038

 味噌チャーシューが850円。とにかくチャーシューがとろけるようで美味しい。麺やスープは普通に美味しいと思います。味噌焼きそばというメニューもあるそうです。

Ts3k1037

 こちらは塩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

ワイスホルン大斜面

 3月下旬に入ったのに、毎日の様に少しずつ新雪が積もり、倶知安でも-4℃と気温も低くて真冬の様です。スキーができるのは良いけれど、家の前の雪壁はまだ2m以上あり、春はいつ来るのかわかりません。

Img_0402

 こんな雪ではマラソンも自転車も厳しいので、今朝はワイスホルンにアドベンチャースキー、シール無しで登りました。譲り受けたシューズの調子も試しましたが、良かったです。

Img_0408

 下は少し硬く、その上に5cmほどの新雪。シール無しでもよくグリップし、速く登れます。倶知安側頂上からは少し曇っていたけれど日本海側も見えます。

Img_0412

 今日はワイスの倶知安側頂上から、本当の頂上まで行きました。2つのピークの間は5分で行けます。登り始めから本当の頂上まで1時間02分。

Img_0422

 下りは、最高。特にワイスの裏側にはとても広くて誰も入っていない大斜面があり、大滑降できました。南斜面なので下は硬いけれど、木はないのに雪崩そうな傾斜でもないし、大変気に入りました。2回もリフトの頂上付近まで登り直して滑りました。

Img_0426

 リフト側の西側斜面はさらに新雪が深く真冬の様なパウダー。これだけ楽しんで、登り始めから戻ってくるまで1時間50分。文字通り朝飯前の出来事でした。登れて滑れて走れるサロモンのアドベンチャースキーは、理想のオールマイティースキーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

スノーゲイン練習

 午後、二人の息子とともに倶知安町末広から倶登山川上流部にクロカンスキーで入りました。上の子はうろこスキー、下の子はクロカンスキーです。

Img_0383

 2万5千分の1の地形図に、①~④の4ヶ所をポイントとして書いて渡し、2人にまかせて私はその後ろから付いていって、一切口を出さないことにしました。Img_0382

 ポイントは、林道の分岐、川の分流、林道の脇が崖になっているところ等に設定しました。読図力は、2人ほぼ同じくらいかな。地図が1枚しか無かったので地図の奪い合いになってしまいました。

Img_0386

 始め晴れていたけれど、15時ころから激しく湿雪が降って来て、視界が悪くなってしまいました。分流のポイントは、私もよく分かりませんでした。小さい方の川が完全に雪に埋まっていたようです。

Img_0389 

 3.5kmほど入り、100mほど登った所から折り返しました。クロカンスキーで木の繁茂した傾斜のきつい新雪の下りは怖かった様です。疎林になってからは楽しかった様です。全行程2時間ほどでした。

 夜は、3人でぽぽろの湯(26日はフロの日で半額)に行きました。この3月で外国資本によって無くなってしまう(コンドニミアム型のホテルになる?)という事なので、その前に行きました。ちなみに、一番古くからひらふの一番奥にあった山田温泉は、もう跡形もありません・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の散歩

 今朝は-7℃。堅雪の上にうっすら新雪。クロカンスキーで30分ほど散歩しました。今の季節だけ、クロカンスキーさえあればどこにでも行けます。子供の頃から、この季節の朝の散歩が好きでした。

 ジャコ川。今日はウォークマンを付けずに、音も聞きながら。動物がスノーブリッジをあちこちで渡っています。魚釣りのポイントになりそうなたまりに近づくと、突然カモが二羽声を出さずに飛び立って行きました。

 ジャコ川と硫黄川のトッカリ。硫黄川の水が少し黄色いのが判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

朝にワイスホルン

 朝、少し天気が良かったので、仕事の前にワイスの旧第3リフトの終点まで登りました。雪は凍っていて、アドベンチャースキーのうろこは全く効かず、ほとんどスキーを手でもってつぼ足で登りました。

Ts3k1029

 下りは完全にアイスバーン。怖い怖い。

Ts3k1032

 登りはじめてから降りてくるまで、1時間かかりませんでした。

Ts3k1033

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クロカン少年団納会

 クロカン少年団の納会が行われました。残念ながら、日中に予定されていたクロカンツアーは雪と天候の状態が良くなく中止となりました。

Ts3k1024  

 団員、コーチ、親で楽しい時間を過ごしました。コーチの中には来週から災害支援で派遣予定の方が何人もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

トルコを振り返って

 東北関東大震災、本当に大変な事が起こってしまいました。知人も宮城にいて大変心配です。一刻も早い救助と復興を願うばかりです。

 トルコから帰り、やっと時差ボケから開放されてきました。デジカメの写真はウィルスに汚染されて?しまったので、ipodのものだけを使います。

 最終日に見たスーフィーダンス。写真撮影は禁止されていたので、パンフレットの写真です。最前列で踊っている人まで1mほどの所で見ることは出来たのですが、この踊り、神秘的ではありますが、踊りとしては回っているだけでした。ハルコユンネル(民族舞踊)を見たかったけれど、イスタンブール着がいずれの日も夜遅く、急いでオリエンタルハウスに行ったけれども、着いたのが22時でショーは全て終わっていました。CDは買ったけれど(マチカヨーライ、ケメンチェ、セイシャミル…アルメニアの踊りでは?などが入ったもの)、やはり踊りは見たかった。これは次回のお楽しみ?

 アンタルヤの宿近くのロシア語の看板。ロシア人の旅行者は多かったです。スーパーで話しかけた女性2人組はシベリアのクラスノヤルスクから来ていました。実は最終日、トルコの民族衣装を買いましが、その店ではロシア語のラジオが流れていました。試しにロシア語を使ってみたら、売り子はロシア人でした。私のトルコ語や売り子の英語よりも共通して通じたロシア語で色や値段の交渉を行いました。このあたりでトルコ語とロシア語の両方を話せるのは、大変便利な事のようです。

 宿のすぐ裏になっていたオレンジです。郊外に行くとオレンジ畑はそこら中にありました。オレンジ畑のすぐ横にホルスタイン種の乳牛が何匹も草を食べていて、さらにその横には羊が20匹くらいいるというのは、あまり他の国では出会わない風景でした。

 今回の旅行で一番面白かったカラタシュ村。村(トルコ語ではキョイ)の入口アーチです。モンスーンアジアの稲作圏に比べ、人口密度はどうしても低いのでは無いでしょうか。そのため村といえば集住した塊村がモスク(トルコ語ではジャーミー)を中心にしてあり、それ以外の所に民家はあまりありません。

 イスタンブールのアヤソフィア。振り返るとやはり楽しかったトルコ。せっかく話せるようになってきたトルコ語の勉強、これからどうしましょう。そういえば、イスタンブールの宿の人が、「アジアとヨーロッパを走って渡るイスタンブールマラソンてのが10月ぐらいにあったはずだよ」と言っていました。チャンスがあれば、もう一度行ってみたいものです・・・ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

ハーフ、自己ベストでした

 アンタルヤマラソンの完走証をダウンロードして印刷しました。年代別(45~49歳)では10位(134人中)。タイムはgrossで1:30:44、netで1:30:25でした。記録を調べるとgrossでも1分ほど自己ベストを更新していました。

 今までの自己ベストは2006年の滝川マラソン。その後ハーフ自体にほとんどエントリーしないか、しても伊達の勝手にデュアスロンだったりしていたので・・

 ところで、デジカメ写真のSDカードをパソコンに入れようとしたら、ウイルスに感染していました。ネットカフェでつなぐと、こうなってしまうのですね。写真はipodでも撮っていましたが、量的にはずっとデジカメの方が多く撮っていましたので、残念です。デジカメからアナログ線でハードディスクレコーダーに繋ぎ、写真や動画を手動で一枚一枚動かしながら、一応DVDには記録しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

帰国、関空です

 12時間のフライトで関空に付きました。

 トルコ航空のサービスは大変良く、スリッパや歯ブラシとかのセットくれるし、機内食でけっこうおなかいっぱいになるし・・帰りの食事の方がトルコ色濃くて美味しかったのですが、ウイルスにデジカメが感染したため、行きの写真です。

 関空にはネットカフェみたいな所があって、30分300円でネット使える他、ドリンクバーがあってソフトクリームも食べ放題です。安い。

 北海道はすごい雪だそうで、千歳からの運転が怖いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

宿の家族

宿の家族
 行きも帰りも泊まったイスタンブールの宿。私のつたないトルコ語に付き合ってくれて、本当に短期間なのに暖かく接してくれました。マラソンの結果も気にしてくれていて、ネットでその場で年代別10位という事が分かったりしました。娘さんたちは17歳と言っていました。

Cimg6157

 マラソンシューズなどいらなくなった荷物は中央郵便局から送ってしまいます。6500円もかかってしまいましたが、もうバッグに入りそうもないので・・Cimg6228

 地下鉄で少し郊外のメトロタウンというショッピングセンターへ行きましたが、日本とあまり変わらずです。

 スルタンアフメットジャーミー、通称ブルーモスクです。礼拝の時間と重なったりしてなかなか入れませんでしたが、やっと入りました。綺麗で荘厳。アヤソフィアは博物館扱いですが、隣のこのモスクは現役です。

 この後、スーフィーダンスを見て空港に直行する予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イスタンブール再び

イスタンブール再び
 昨晩アンタルヤからイスタンブールに戻りました。エジプトバザールにも大勢の日本人がいます。アンタルヤではほとんど日本人は見かけませんでした。北キプロス人の詐欺とか、学生たち結構被害に会っているようですが、ガードが甘すぎるなと私は思ってしまいます。

Cimg6163

 ドンドゥルマというトルコアイスです。粘り気すごいけど、寒くて誰も買いません。買って食べ歩いていたら、「お前は正気か」という感じで話しかけられ、絨毯屋に連れて行かれましたが、お茶をご馳走になり、日本語達者な方と話をしただけですぐに次の行動にでました。

Cimg6173

 宿からも絨毯屋からもすぐ近くにある、地下宮殿。広い。ミッドナイトエクスプレスだったかな、映画を思い出しました。

Cimg6198

 ガタラ塔から見たイスタンブール旧市街です。Cimg6190

 昼食に食べたトマトのドルマ。500円くらいでした。牛肉と野菜の煮込みも美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ランタルヤ終了、記録は微妙

ランタルヤ終了、記録は微妙
 雨時折風の中、マラソンが終了しました。同じ宿にいた、本人は趣味でやっているだけと言ってた実業団所属の人に折返し手前まで付いていきましたが、そこからズルズル抜かれてしまいました。

 タイムは手元の時計で1時間30分45秒。自己ベストかどうか分かりません。30分を切れなかったのはとても残念です。

 大会運営はかなり適当で、スタート時間はダラダラ遅れるし、距離表示は一切なく、ラストスパートをどこからかけるか分からなかったし、ゴールのスタジアムと言うのがサッカー場で最後ドロドロはまいりました。

Cimg6144

おいしいバクラバです。甘さがしみこむ感じ。

Cimg6125

こちらも今名前忘れましたが、台ごと焼きこむ料理。実業団の方と一緒に食べました。ピデやトマトのケバブも食べました。特にこの煮込みが美味しかったです。

Cimg6153

雨の中タクシーで空港に向かいイスタンブールに飛びました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アンタルヤ雨の朝

アンタルヤ雨の朝

昨晩から雨が時折降っています。今日はマラソン当日です。参加賞の中にTシャツの他にカッパも入っていた意味が分かりました。ただ、降り方は優しい感じです。
ハーフマラソンは10時30分スタート。日本時間では17時30分です。
昨晩から愛知から来た学生が同室です。個人としての海外旅行は初めてだそうですが、小さな事でも迷っていて、何か新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコの村を自転車で

アスペンドスからカラタシュという村を回って来ました。8時間。120kmほど自転車に乗りました。ロードだと150km以上に相当するでしょうか。マラソン前日なので、走らずにいましたが、少し疲れちゃったかな?

Cimg6040

朝は8時に出ました。土曜日のためか、市内もそれほど混んでいませんでした。国道400号線、高速道路の様で路側帯が広く走り易いのですが、交通量の多さに辟易します。それでも久しぶりの自転車で気持ちが昂ぶります。

Cimg6043

トルコのスポーツドリンク、すごい色です。ラン用の服しかないので,サドルの下になぞの物質をひいていました。

Cimg6054

アスペンドスの遺跡です。古代ギリシャの劇場としては大変保存状態が良く今でも使うそうです。

Cimg6092

カラタシュという村は地図に小さく出ていただけで昼食でもと思っていましたが、小さなモスクと数軒の家があるだけ。モスクの所にいた姉妹、一番下の子が恥ずかしがってなかなか写真に入ろうとしません。

Cimg6099_2

村の遠景です。村を一つ一つ尋ねるのは確かに楽しいかもしれません。

Cimg6119

帰ってから、ハマムに行って汗を流しました。昨晩も行ったのですが今日は別の店。いずれも宿から三分以内で700年以上の歴史があるそうです。ハマムと言えば日本ではトルコ風呂としてとんでもない誤解を受けていましたが、実際は中国のアカスリを少しだけソフトにした感じ。ところが今日入った店は、着替えてサウナに入ったら眼の前のアカスリ台で胸をはだけた若いドイツ人女性が二人居ました。もっと見ようと思った瞬間に、湯気で眼鏡が曇ってしまいました。客として来て居てちょうどアカスリの時に私が入った様です。 ハマムでは15分ほどサウナで暖まった後、アカスリ石鹸マッサージと続きます。今日の店は上がった後にりんご二個、ナシ、バナナにアップルティーがサービスで出て来ました。それ全てで料金は1400円ほどです。 サウナの入り口にはロシア語も書いてありましたが、昨日オールドバザールで突然ロシア語で話しかけられました。私をキルギス人と踏んだアルメニア人のお婆さんでした。せんと千尋に出てくる双子の婆さんに似た感じで眼光鋭く、五ヶ国語を話せるそうです。英語と日本語はしょっちゅう、たまに中国語でも話しかけられますが、ロシア語は初めてです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

マラソン受け付

ipod復活し、記事を修正出来ました。Runtaruya と言うマラソンの受け付けが郊外の巨大ショッピングセンターで行われました。runtaruya to iu marason no uketsuke wo simasita.

Cimg5931

フルマラソンは 560人、ハーフ は1297人が名簿にありました。.

Cimg5947

参加賞です。このバッグはそのままマラソンの時に預けバッグになるそうです。

Cimg5993

その後、アンタルヤ博物館に行きました。アンタルヤ周辺には古代ギリシャの遺跡やサンタクロースの元と言われる聖ニコラウスの教会があります。写真は聖ニコラウスです。

Cimg5950

地中海は綺麗ですがプライベートビーチばかり。一人泳いでいる人も居ましたが泳ぐには寒いです。

Cimg6015

夕食はイスケンダルケバブを食べました。パンの上にヨーグルト、肉、ソース、油をかけます。絶品です。ヨーグルトと羊肉がこんなに合うとは。

Cimg5962

宿の周辺はカレイチという城壁内の旧市街で、昼間は凄い数の観光客と土産物売りでごった返します。右の赤い看板が私の宿で、向こうに見えるミナレットからは早朝からお祈りをいざなう声が聞こえて来ますが、その下にも古代ローマの遺跡を見る事が出来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年3月 4日 (金)

ıpod ga kowareta

ipod ga kowareta youdesu.konobun wa yado no pc dekaiteimasu.toruko go dakara,öçşğı nantenomo arukedo,nihongo wa kakenaisi,kanjı mirenai.shashin mo muri.komatta.

Cimg5918

internetcafe demo hiraganamo yomemasen.

Cimg5923 Cimg5922

  asa 10km hasiriasita.yadono asagohan.

Cimg5925

  rentaru MTB wo teni iremasita.saikyou.koudouhani ga hirogarimasu.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アンタルヤ到着

アンタルヤ到着
地中海沿岸だけに、イスタンブールより10度も気温が高く、のんびりした雰囲気です。宿を見つけて入ろうとしたら、30台くらいの自転車が走り去り、ブルべかと思いました。宿は4人部屋一泊朝食付き1000円ですが、シーズンオフで私一人。ちょっと淋しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

イスタンブル2日目

アヤソフィア

 朝食後は、トプカプ宮殿、アヤソフィアとお決まりの観光施設を見学しました。写真はアヤソフィア内部ですが、もともとはギリシャ正教の総本山として建てられたものを、イスラムモスクに改修したものです。

ナスのドルマ?

 昼食は、なすのドルマ?上にのっているしし唐は辛かったです。味は、美味しい。他の店で食べた甘いものも美味しかったです。

 午後はエジプトバザールやグランドバザールを見た後、アジア側に船で渡りました。15分ほどですが、船の料金は90円。通勤船という感じです。写真はバーガー屋さんの2階から撮りましたが、映っているのはどちらもヨーロッパ側です。アジア側はかすかに右に写っているボスポラス海峡のさらに右です。

 エジプトバザールに行って、33年前に上陸したのがここだと確証しました。おぼろげに残っている記憶と道の傾斜角度や雰囲気が全く同じ。少し感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿の朝食

宿の朝食

 朝食です。客が6、7人しかいないのにこの量です。この他に飲物とスープが付きますが、スープが絶品。パンもチーズもポテトサラダも美味しい。そして、私にはどこかロシア時代の懐かしさがあります。

 今朝は1時間半ほど走りましたが、暗いし寒いし眠いしで、あまり快適ではありませんでした。写真は早朝5時過ぎのスルタンアフメットモスクです。この直後にお祈りの大きな声が流れてきて驚きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宿はアヤソフィアの近く

 宿はアヤソフィアの近く

イスタンブールの宿はアヤソフィアのすぐ近くです。ドミトリー1750円くらい。日本人が大変多い宿でした。すぐ近くのお菓子やの若い 兄ちゃん達とロクルムをめぐり遊んでいました。トルコ語知っている言葉は、通じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イスタンブール到着

イスタンブール到着

時差七時間あるのでまだ3月2日です。ドネルケバブをさっそく頂きました。結構寒いです。ipodからは写真を一枚しかアップ出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行き

東京行き
その後、イスタンブール向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

出発

羽田から成田に向かっています。その後イスタンブールに飛びます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »