« 北海道BRM1200km申し込み | トップページ | ダイニングペンション千鳥 »

2010年3月 6日 (土)

スキーオリエンテーリング選手権大会

 今日はルスツで北海道スキーオリエンテーリング選手権大会が行われました。私は今回初めてスキーオリエンテーリングに参加しました。

 スキーオリはクロカンスキーで、地図に書かれているポイントを順番に取って行きます。ポイントに着いたら、オレンジの旗があり、Eカードという電磁カードをピッと付けると記録されていきます。写真はBクラスのスタート風景です。

Cimg3660

 参加者は初心者・一般のBクラスと選手権のAクラスに分かれています。私はAクラスに申し込みました。Aクラスの参加者は8名。うち、女性3名、男性5名。北海道からの男性参加者はA井さんと私のみ。あとは、横浜、さいたま、秋田からです。「本州の人たちはスキーなんか出来るのかな。これはひょっとすると表彰台かな」などと思っていました。しかし、これはとんでもない勘違いで、本州の3人は皆、スキーオリエンテーリング世界選手権の時の全日本代表チームのウエアを着ていました。

Cimg3663jpg 

 オリエンテーリングと同様、2分ごとに一人ずつスタート。自分のスタート1分前に地図が渡されます。ところが、地図がまずうまくマップケースに入らない。さらに、見た瞬間、緑の線やオレンジの面の意味が分かりません。緑の点線はスノーモービルで一度通ったくらいの圧雪、緑の実線はスケーティングが十分出来るくらいの圧雪なのですが、レースの前半はそのことに気づかす、等高線や建物などを中心に地図を読んでいました。2年くらい前に一度スキーオリの地図記号を学んでいたのですが、一度も実戦で使うこともなくすっかり忘れていました。

Cimg3675

 さらに、マップケースが問題でした。私以外Aクラスの出場者は全員腰からアルミ板で固定され、地図の方向を自由に変えることのできるスウェーデン制のマップホルダーを装備していました。私はウエストバッグのベルトにぶら下げた、一般的なマップケース。夏のオリエンテーションならば、手で地図を押さえて持ちながら走れるのですが、スキーの場合は地図を見ようと手で持った瞬間にストックを突くことが出来なくなりますから、推進力が無くなり止まります。これはめちゃくちゃなタイムロス。他の人の様に、細かいコースをトレースするとタイムロスが広がるので、思い切って大きな地形(尾根の終わりから少し右とか)を見て、近くに来てからチェックポイントを探す方法で戦いました。

 私は4番目にスタートしましたが、前に出た女性2人を抜いた以外は、どんどん抜かれていきます。クロカンスキーでの新雪下りは相当自信があったのですが、私より下りが上手い本州人が多数いることに脱帽しました。さらにスキーが折れるのではないかという転倒を含め、4度も転びました。(クロカンでは練習・レースも含めて、この2,3年転んだ記憶がありませんでした。)

 コースは最短ルート7.2kmだそうですが、結果は、1時間10分04秒で6位。男性では最下位。トップとは20分ほどの差。5位とは2分の差でした。悔しいです。でも、面白いです。マップケースを入手し、リベンジしたいです。ストックももう少し短い方が使いやすいかな。スキーは滑る方が良いけれど、折れてもいいと思える古いものの方が大胆なレースが出来るかもしれません。クロカンと地図読みさらに不整地のスキー。私のためにある競技の様な気もします・・。

 明日はスノーゲインという雪上のロゲイニング(チームを組み好きなポイントを順番に関係なく取ってくる)が行われます。今日参加した人もほとんど参加するようです。

 私は明日は赤井川で下の息子のクロカン大会応援です。

|

« 北海道BRM1200km申し込み | トップページ | ダイニングペンション千鳥 »

アドベンチャー・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

お楽しみ様でした。でも残念でしたね。
コースはゴルフ場とその南西側でしたか。
ゴルフ場以外はADVスキーで楽しめたのでは??
(2→3は沢がなければ直線が速そう)
だけど、ゴルフ場はスケーティングの天下。
私が参加していたら、最下位決定かな。
後で、コースの感想を詳しく教えてくださ~い。

投稿: yamamoto | 2010年3月 6日 (土) 20時50分

yamamotoさんへ→
 コース範囲は昨年の世界選手権のミドルディスタンスとほぼ同じだったそうです。ゴルフ場から北に下がり、小さな沢が何本も走る低地から泉川のゴルフコースに行って帰り、登り返して戻ってくる感じです。
 沢の上がり下がりだけはアドベンチャースキーがいいと思いますが、クロカンスキーの方が断然速いと思います。ただ、女性の選手が一人スキーを折っていました。明日のスノーゲインも選手権の選手達は皆スノーシューなど使わずクロカンで出るそうです。
 明日のセキスイハイム、雪上MTBご堪能下さい。

投稿: kiyatchi | 2010年3月 6日 (土) 21時34分

kiyatchiさん。
こんにちは。
kiyatchiさんも、クロカン熱が熱そうですね!

通りすがりの質問で恐縮なのですが、
配布された地図は、どれぐらいの大きさなんでしょうか?

来季は私も参加をもくろんでいるので、
お聞かせ頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

投稿: boardwalk | 2010年4月10日 (土) 06時20分

boardwalkさんへ→
 初めまして。地図はA4版です。地図よりも、地図を固定するホルダーの方が重要かもしれません。
 来年、是非参加して下さい。参加者が少ないので、アットホームな感じでした。

投稿: kiyatchi | 2010年4月10日 (土) 13時06分

kiyatchiさん。

不躾な質問にご回答いただき、ありがとうございます。
A4とのこと、了解しました。
マップホルダーを調達しておきますね。

投稿: boardwalk | 2010年4月11日 (日) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/33658489

この記事へのトラックバック一覧です: スキーオリエンテーリング選手権大会:

« 北海道BRM1200km申し込み | トップページ | ダイニングペンション千鳥 »