« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

アンヌプリ山頂へ


ニセコアンヌプリ
 29日に、再びニセコアンヌプリに登りました。気温は登り口で-15℃。しかし、寒さ対策をしたのと、太陽が出てきた関係で、2日前よりずっと暖かく感じました。ゲレンデスキーにセキュラフィックス+シールで花園コースから登りました。アドベンチャースキーよりは少し遅く、登り1時間45分でした。

 頂上からは羊蹄山は勿論、イワオヌプリ、ニトヌプリ、チセヌプリ・・そして日本海まできれいに見えます。頂上でも風がほとんど無く平らなため、シールをはがすのも楽でした。こんな日はなかなかないのでは…。

ニセコアンヌプリ

 下りは30cm以上の新雪。完全に真冬の感覚のパウダーです。最高でした。

 しかし、もう二度とこのコースからアンヌプリに登ることは無いと思います。それは、スキーパトロールの人たちとの間でちょっとしたトラブルがあったからです。スキー場と登山という別のカテゴリーが同居している山。「ニセコルール」なるものがあるのは知っていましたが、それがシールで登山している人にまで適応されるのでしょうか?スキー場を登った自分も悪いのかもしれませんが、本当はそこにスキー場など作らなければとまで思ってしまいます。せっかくの良い天気が(お互いに)台無しです。

 パトロールの人たちは一生懸命業務を遂行している訳だし、もし別の場面で知り合ったら、尊敬し、仲良くなれる人たちなのではないかと思います。安全を第一に考えて早朝から働いてくれていることを思えば、私の行動は軽率だったのかもしれません。

 でも、私はただ山に登り新雪を滑りたかっただけです。1970年代のニセコの大らかさを知っている自分としては、何か寂しい気持ちです。山スキーも管理釣り場の様にお金を払って決められた時間でないとできない時代になったのかもしれんません。スノーモービルや圧雪車、あるいはリフトで登るのと、自分の足で静かに登るのとは違うと思うのですが・・。

 気持ちよく自然や山と語りながら登って滑るためにも、今後はこのコースは使いません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

早朝のアンヌプリ

早朝のアンヌプリ
 早朝のニセコアンヌプリに花園スキー場から登りました。町で気温は-6℃。10cmほどさらさらの雪が積もっています。晴れているし、これは山しかない。

 6時過ぎから上りましたが、スキー場は圧雪されていました。アドベンチャースキーにシールを貼って登りました。初めのうちは晴れていて気持ちが良かったのですが、徐々に天気が悪くなり、羊蹄山が見えなくなって、小雪まで降ってきました。

 冬用バイクジャージにクロカングローブで行きましたが、標高1000mくらいから、登っているのに指が冷たくて感覚が無くなりました。最終リフトの終わりまで行きましたが、頂上ははっきり見えないし、何より寒すぎます。たぶん気温は-15℃くらいだったのでは無いでしょうか。頂上はあきらめてシールをはがそうとしましたが、その前に指の感覚が無くザックのバックルが外せません。焦りました。冬山をなめてはいけません。

早朝のアンヌプリ

 下りは20cmくらいの新雪。その下には堅い雪の感触もありましたが、久々のパウダースノー。標高800mくらいまで下がると、指の感覚も少しだけ戻って来ました。林間コースを中心にアドベンチャースキーで新雪を楽しみました。

 下まで降りてきたら、リフトの営業が始まっていました。普通にリフトで登ればいいのかとも思いましたが、その後仕事がありましたので、こうするしかない。

 登り1時間20分、下り30分くらいでした。自宅から10分かからずに行けるので、山岳スキーの練習コースとしてはいいのかもしれません。でも真冬は、日が昇るのが遅いので、仕事前は無理かな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

中華ダイニング「ニーズ」


中華ダイニングニーズ
 中華ダイニング「你’s(ニーズ)」です。ひらふからサンモリッツ大橋を通って国道5号線との交差点、旧比羅夫小学校(冒険家族)の向かいに最近出来ました。

中華ダイニングニーズ

 ランチとディナーでメニューが違います。ディナーは5千円、2500円のコースか単品。

 写真はあんかけ焼きそば。エビ、ホタテなどが大きくでおいしいけど、少し量が少なめでした。他に酸辣湯麺や蟹炒飯などを食べましたが、美味しかったです。

 この連休は、とんでもない天気です。昨日は一日だらだらと仕事でした。今日は、仕事はありませんでしたが、あまりの強風に、家で留萌を懐かしがっていたら、雪かき用ジョンバー(ママさんダンプ)が飛ばされて家の窓が派手に割れてしまいました。休日でしたがガラス屋さんに急きょ来て直してもらいました。

 こんな日は、自転車もランも、クロカンさえも無理。仕方がないので町体育館に行って、エアロバイクを2時間ほど乗りました。家にあるエアロバイクよりは、自転車の感覚に少し近いです。さあ、もう少しと思ったら、休日は5時で閉館でした・・。

 今も10cm近く新雪が降り積もっています。一体春はどうなってしまったのでしょう?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

豪雪うどん

 倶知安といえば第一会館の豪雪うどん。

 そのレストランバロンに家族で初めて行きました。我が家から50m、1分で着きます。灯台下暗しです。

 写真撮る前に食べかけてしまいましたが、鍋焼きうどん850円。鍋焼きでも豪雪うどんのもちもち感は残っています。餅、玉子、ホタテ、シメジ、エビ天などが入っています。

Ts3m0023

 そして豪雪コロッケ480円。4人で食べても大きいです。写真ではあまり分かりませんが、厚さがかなりあります。ほくほくです。

Ts3m0022

 さらに豪雪おにぎりという巨大おにぎりもあるようです。隣のテーブルが注文したのが見えましたが、隣のテーブルの家族、うなっていました。

 昨日の朝はアスファルトを普通のシューズで10kmほど走れましたが、今日は雪が積もって凍結しているため、アイスブルクというスパイクシューズを履いて、7kmほどナイトランをしてきました。 

 ローラーブルベをなさった人も多いというのに、私は今年自転車に全く乗っていません。ナイトランで起伏の緩い方のクロカンコースも少し走ってみて、もう少し雪の硬い日ならば、一人2時間?耐久夜間MTB雪上大会が出来るのではないかと思いつきました・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

ダイニングペンション千鳥

 ひらふ地区にあるお店。第二泉郷に移転した「つばらつばら」のところから道を奥に400mほど入ったところにありますが、普通の民家の様で探すの大変でした。

Cimg3711

 割烹伊太利亜と看板にありましたが、どれも大変美味しかったです。写真はオマルエビのパスタ。

Cimg3706

 特に、前菜の鯛のカルパッチョは、生ハムみたいだったし、ホッキやツブ貝の料理も良かった。一番感動したのは玉子とハムのピザ。ピザ生地のモチモチ感は一体何なのでしょう。絶品でした。生ハムは日本の豚肉を店内で熟成途中でした。

Cimg3709

 デザートもご覧の通り。私にはよく分からない名前のケーキが盛り合わせられていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

スキーオリエンテーリング選手権大会

 今日はルスツで北海道スキーオリエンテーリング選手権大会が行われました。私は今回初めてスキーオリエンテーリングに参加しました。

 スキーオリはクロカンスキーで、地図に書かれているポイントを順番に取って行きます。ポイントに着いたら、オレンジの旗があり、Eカードという電磁カードをピッと付けると記録されていきます。写真はBクラスのスタート風景です。

Cimg3660

 参加者は初心者・一般のBクラスと選手権のAクラスに分かれています。私はAクラスに申し込みました。Aクラスの参加者は8名。うち、女性3名、男性5名。北海道からの男性参加者はA井さんと私のみ。あとは、横浜、さいたま、秋田からです。「本州の人たちはスキーなんか出来るのかな。これはひょっとすると表彰台かな」などと思っていました。しかし、これはとんでもない勘違いで、本州の3人は皆、スキーオリエンテーリング世界選手権の時の全日本代表チームのウエアを着ていました。

Cimg3663jpg 

 オリエンテーリングと同様、2分ごとに一人ずつスタート。自分のスタート1分前に地図が渡されます。ところが、地図がまずうまくマップケースに入らない。さらに、見た瞬間、緑の線やオレンジの面の意味が分かりません。緑の点線はスノーモービルで一度通ったくらいの圧雪、緑の実線はスケーティングが十分出来るくらいの圧雪なのですが、レースの前半はそのことに気づかす、等高線や建物などを中心に地図を読んでいました。2年くらい前に一度スキーオリの地図記号を学んでいたのですが、一度も実戦で使うこともなくすっかり忘れていました。

Cimg3675

 さらに、マップケースが問題でした。私以外Aクラスの出場者は全員腰からアルミ板で固定され、地図の方向を自由に変えることのできるスウェーデン制のマップホルダーを装備していました。私はウエストバッグのベルトにぶら下げた、一般的なマップケース。夏のオリエンテーションならば、手で地図を押さえて持ちながら走れるのですが、スキーの場合は地図を見ようと手で持った瞬間にストックを突くことが出来なくなりますから、推進力が無くなり止まります。これはめちゃくちゃなタイムロス。他の人の様に、細かいコースをトレースするとタイムロスが広がるので、思い切って大きな地形(尾根の終わりから少し右とか)を見て、近くに来てからチェックポイントを探す方法で戦いました。

 私は4番目にスタートしましたが、前に出た女性2人を抜いた以外は、どんどん抜かれていきます。クロカンスキーでの新雪下りは相当自信があったのですが、私より下りが上手い本州人が多数いることに脱帽しました。さらにスキーが折れるのではないかという転倒を含め、4度も転びました。(クロカンでは練習・レースも含めて、この2,3年転んだ記憶がありませんでした。)

 コースは最短ルート7.2kmだそうですが、結果は、1時間10分04秒で6位。男性では最下位。トップとは20分ほどの差。5位とは2分の差でした。悔しいです。でも、面白いです。マップケースを入手し、リベンジしたいです。ストックももう少し短い方が使いやすいかな。スキーは滑る方が良いけれど、折れてもいいと思える古いものの方が大胆なレースが出来るかもしれません。クロカンと地図読みさらに不整地のスキー。私のためにある競技の様な気もします・・。

 明日はスノーゲインという雪上のロゲイニング(チームを組み好きなポイントを順番に関係なく取ってくる)が行われます。今日参加した人もほとんど参加するようです。

 私は明日は赤井川で下の息子のクロカン大会応援です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

北海道BRM1200km申し込み

 7月15日~19日に予定されている、日本で初めての1200kmブルベに申し込みしました。昨年行われた同時期・同コースでの試走会を走りましたが、正式なブルベは今年が初めてになります。7月の仕事の状況はまだ不確定な部分はありますが、早くから準備しておけば何とかなりそうです。

 昨年ゴールした時には、膝の痛みもあり、「二度と出ないぞ」と思っていましたが、月日が経つと、痛さを忘れて美しい風景や、快調に飛ばしていた時の事ばかりが思い出されます。人間ってなんてバカなんでしょう。今年は眠りすぎないようにしないと・・・。

 受付は、「仮申し込み」という形で始まっています。詳細はAJ北海道の以下のページを参照して下さい。

http://aj-hokkaido.sakura.ne.jp/1200_1ST.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ワイス夕焼け


ワイス夕焼け
 ワイスに夕方登りました。仕事が少し早く終わったので、夕日に間に合いました。3段目のリフト降り場まで行きました。アドベンチャースキーにシール無しで、登り40分でした。

ワイス夕焼け

 900mより上は粉雪でした。稜線に出るとかなり風は強くなります。頂上までは行きませんでした。左から、ニトヌプリ。チセヌプリ、シャクナゲ岳が見えます。

ワイスに

 第3リフトの部分は15cmほど新雪が積もり快適な下り。第2リフトからは新雪の表面が硬く凍っていて、大変疲れました。

 下り15分。家を出てから帰り着くまで、1時間25分でした。その後、夜はクロカンを22kmほどしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2月のトータル

さて、2月のトータルは

ラン10km+バイク0km+スイム3.9km×4+クロカン243km×0.6

173(ラン換算km)

クロカン以外はなにもしていないので、少な目でした。

 ところで、スイムは1ヶ月以上ほとんど泳がずに泳いでも、夏よりもずっと楽に速く長く泳げます。といっても遅いのですが…。多分クロカンの上半身の運動がスイムと共通する部分があるのと、冬になり体脂肪が自然増して浮きやすくなっていることと、クロカンレースのため心拍が高い状態に慣れていることなどが理由として考えられます。

 そういえば、トライアスロンを始めるきっかけとなったトマムウインタートライアスロンで、たまたま同室になりその時知り合いになった留萌のデッキーが、「夏のスイムのために冬場クロカンのトレーニングを取り入れている」と言っていた様な気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »