« 札幌国際スキーマラソン | トップページ | 恵庭クロカンスキー大会 »

2010年2月19日 (金)

高尿酸値・冬の厚生病院・夜中練習

 今日は倶知安厚生病院に定期検診に行きました。遺伝的なものと思われますが、尿酸値が高く、昨年の1200kmで膝が痛くなってから、3ヶ月に一度真面目に通っています。

 私の担当の医者は、木曜日だけ北大から来る方で、膝の専門家らしいのですが、やたらに軽い性格で看護士にちょっかいをかけまくっています。しかし、運動をしている人を多く診ているためか、こちらの気持ちを理解してくれます。今までの医者のように「治したいなら運動を控えなさい」なんて事は一切言わず、「どうせするんでしょう。あなたの場合一年中ですね。次回の診察は5月ですけど、そのころは何をしていますかね。そういえば洞爺湖マラソン湖の頃ですよね。」といった感じです。

 薬は、1日1回2種類を飲んでいます。今回の血液検査で、UAの値は4.2と全く問題ありませんでした。しかし、薬をやめると、どれだけ食事やスポーツで節制しても7.0は越えてしまいます。一生飲み続けるのでしょうか・・。

 厚生病院の整形外科は大変混んでいました。待合いの中に外国人も4.5人いて、病院には専属の通訳までいます。そこへ、救急隊の担架に乗せられたスキーウエアにスキー靴をはいたままの外国人が急患で運ばれてきました。ますます他の患者の待ち時間が増えます。その30分後くらいにまた別のスキー靴をはいたままの外国人が同じように担架で運ばれて来ました。下の子が今日はスキー遠足でしたが、花園スキー場で2台救急車の音がしたそうです・・。

 病院に勤めている知り合いの話では、病院関係者は秋までに有給休暇を取ってしまうそうです。冬場はとても休める状態ではないそうですが、なるほどよくわかりました。

 さて、クロカンの練習は仕事の関係もあり夜10時を回ってから。昨日も出かけましたが、昨日は-14℃でいつまでやっても足先が暖まらず、5kmで退散しました。

 今日は-4℃で温かく感じます。起伏の緩やかなコースをスーパー走法中心にスピード練習で15kmほど行いました。クロカンフリー走法には、「ラピッド」、「クイック」、「スーパー」の3走法があります。スーパーは一番速いけれど、上半身と心肺にかなりの負担がかかります。アルベールビル五輪の時に荻原の走りをビデオに撮って、それを何度も見て独自に覚えました。本当に正しい走り方は誰からも教わっていませんので、きっと変なスーパー走法なのではないかと思います。

 必死に走ると1km3分ほどですが長続きはしません。そんなときの姿を他の人が見ると、狂っているようにしか見えないでしょう。夜中にやると人目を意気にせず思いっきりできます。体感的にはかなり速い感じがします。練習を終えて帰ってきたら、11時半を過ぎていました。

|

« 札幌国際スキーマラソン | トップページ | 恵庭クロカンスキー大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やってますね。
スーパおじさんでね。(少し早いですか)

夜中に、鼻水を垂らし、ゼイゼイハァーハァーしている姿を想像すると笑えますね。
次は、どちらでしょうか。
ようやくスキーが滑られるようになりました。
明日も行ってきます。

投稿: yyy | 2010年2月19日 (金) 21時54分

yyyさんへ→
 客観的に考えると、お恥ずかしい限りです。明日は恵庭30kmです。
 回復してきたようですね。残念ながらセキスイハイムは息子の大会と重なってしまいました。復活の走りを雪上で楽しんで下さい。

投稿: kiyatchi | 2010年2月20日 (土) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/33436888

この記事へのトラックバック一覧です: 高尿酸値・冬の厚生病院・夜中練習:

« 札幌国際スキーマラソン | トップページ | 恵庭クロカンスキー大会 »