« きむら食堂 | トップページ | 蘭越ラーメン館 »

2010年2月24日 (水)

目国内岳1140m

 今日は休みを取り、山登りに行きました。天候が良ければ羊蹄も考えていましたが、気温は高いけれど薄曇りで上3分の1は曇っています。羊蹄をあきらめ、前目国内岳にしました。バンクーバーオリンピックの複合団体クロカンを見た後、出発。

Cimg3647

 新見温泉から前目国内(まえめくんない)岳を目指します。写真の右が前目国内、左の頂上がガスっているのが目国内です。スキーはゲレンデスキーにシールとセキュラフィックスです。気温高くベタ雪、重いです。

 前目国内には新見峠側から登りました。頂上から一度北東斜面を滑って登り返してみようと思っていましたが、標高900mまでベタ雪、前目国内は980m、目国内は1220mなので、雪質を求めて前目国内をトラバースして目国内へ向かいます。しかし、1100mくらいからガスの中に入り、ほとんど何も見えなくなりました。頂上の岩も全く見えません。上は風もかなり強かったです。

Cimg3643

 1140m地点でシールとセキュラフィックスを外し、ダウンヒルモードに。雪質は柔らかいアイスバーンと湿雪と粉雪が微妙に混ざり複雑。おまけに白一色で上下感覚までなく、ターンをして手を付き転びましたが、エッジが効いていたのか、大回りだったのか小回りだったのか自覚がない不思議な感覚。宇宙遊泳みたいでした。

 1000mくらいからは視界が良くなりましたが、お昼が近づきベタ雪。パウダースノーは残念ながらお預けでした。パウダーなら最高だろうなという斜面を降り、最短ルートで新見温泉に戻りました。あとでラジオを聞くと4月上旬並みの気温とか。雪質も4月上旬状態だった訳です。登り1時間50分、取り外し10分、下り30分でした。今日の雪ならクロカンの板でも行けた気がします。

Cimg3649

 新見温泉に入りました。この宿、歴史はやたら古いです。内湯と露天風呂は全く繋がっておらず、一度服を着て移動しなければなりません。露天風呂は小さいけど自然満喫の混浴です。お湯は無色透明で、なかなかです。

Cimg3650

 家に着いたら羊蹄山が頂上まで見えていました・・・。

|

« きむら食堂 | トップページ | 蘭越ラーメン館 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

いいなー、ずるいなー、、

投稿: yamamoto | 2010年2月24日 (水) 18時06分

yamamotoさんへ→
 地の利です…。ただし、雪質は残念でした。山一往復では運動した気がせず、夜クロカンをしていました。
 ニセコ連峰は30kmで申し込みました。そちらも楽しみです。15kmにしてアドベンチャースキーで出ても良かったかもしれませんが、クロカンの板で出る予定です。

投稿: kiyatchi | 2010年2月24日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/33515920

この記事へのトラックバック一覧です: 目国内岳1140m:

« きむら食堂 | トップページ | 蘭越ラーメン館 »