« 羊蹄山1150mまで | トップページ | 栗城史多エベレスト無酸素登頂映像 »

2010年1月 7日 (木)

野口健さんの戦没者遺骨収集

 昨日読んだ本です。野口健さんというアルピニストが、清掃登山とか環境問題に取り組んでいるのは知っていましたが、フィリピンのCimg3458 旧日本軍の戦没者遺骨収集にも取り組んでいることは知りませんでした。また、未だに100万体以上の遺骨が未収集で放置され、それを何とかしようという若い人の動きがあることを初めて知りました。

 この本は産経新聞の記者が、野口さんの活動を通じて、新たな現地情報収集力で成果をあげるNPO法人「空援会」と遺骨収集の監督省庁である厚生労働省の対応の変化を中心に描いています。靖国神社とかも出てきますが、「この問題に右も左もない。もしあなたの家族が当事者だったらどう思うのか」という著者の言葉通り、野口さんの動機は純粋なものなのだと思います。(産経新聞らしい発想だと言うところは随所にありますが・・。)

 野口さんはヒマラヤの8000を越えるテントの中で「このまま吹雪が止まなければ僕の遺体は、きっとテントごと吹き飛ばされてしまうだろう。自分の意志できたのだから仕方がないが、でも誰かが遺体を見つけて故郷へ帰してくれないだろうか」と思ったことが動機の一つだそうです。

 野口さんの登頂記はかなり前に読みましたが、アルピニストが多方面に活躍するのは凄いと思う反面、何か不思議な気もします。

|

« 羊蹄山1150mまで | トップページ | 栗城史多エベレスト無酸素登頂映像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。

野口さんの遺骨収集の活動は、野口さんのブログで拝見しておりました。なかなかできないことですよね。
ちょっと前に、片山右京さんの遭難についての記事も投稿されておりました。私も、ブルベに参加するときの心構えをしっかりせねばと考えさせられました。

投稿: Sarago | 2010年1月 7日 (木) 17時21分

Saragoさんへ→
 自転車よく乗っておられますね。5台を均等に使って年間1万kmはすごいです。

投稿: kiyatchi | 2010年1月 7日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/32890039

この記事へのトラックバック一覧です: 野口健さんの戦没者遺骨収集:

« 羊蹄山1150mまで | トップページ | 栗城史多エベレスト無酸素登頂映像 »