« 12月のトータル、2009年のトータル | トップページ | 野口健さんの戦没者遺骨収集 »

2010年1月 5日 (火)

羊蹄山1150mまで

 今日まで正月休みを取っていたのですが、なかなか天気に恵まれませんでした。今日は曇っていたのですが、とりあえず羊蹄山に登りました。

Cimg3423

 スキーは普通のゲレンデの板にシールをはり、靴もゲレンデ用。それにSecureFixというアタッチメントを付けて登ります。

Cimg3424

 半月湖の少し南側から1時間ほど傾斜の緩い松林をゆっくり登ります。標高500mくらいから少し山らしくなって来ます。正月に降った雪が湿った雪だったためか、それほど埋まりません。

 700m付近から雪が深くなってきます。帰りが楽しみ。

Cimg3440

 800m付近に私が800m台地と名付けているところがあります。そこからもう少し登って1000m付近で右に「西コブ」と名付けている小ピークが見えます。下界も薄曇りながら、何とか見えます。

 4月始めに来た時は、このあたりから木が無くなっていったのですが、その時より2mほど積雪は少ないようで、小さなダケカンバが無数にあり、滑るのめんどくさそうです。名前は分からないけどスズメの様な野鳥が2mくらい前の枝にいました。

 Cimg3435

Cimg3447

 1100mくらいから風が出てきました。ダケカンバもだいぶ小さくなり、雪の表面も硬いところと吹きだまっているところが出てきて大変登りづらくなりました。1150mでホワイトアウトっぽくなってきたので、セキュラフィックスとシールをはがし、下ります。もう少し下の風の無いと所でやれば良かった。シールとか飛ばされそうだし、ザックの中には容赦なく細かい雪が入り込んで来ます。少し皮膚の出ている所が痛い。

 下りは、最初は表面が硬く木が多くて恐かったです。1000m付近まで来ると、風も止み雪も滑りやすくなりました。無理せずこの辺で引き返せばよかった。

Cimg3449

 そこからは、楽しいパウダーが600m付近まで続きます。

 登り2時間半、下り20分でした。

|

« 12月のトータル、2009年のトータル | トップページ | 野口健さんの戦没者遺骨収集 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

やりますねー。ホワイトアウト怖いです。
さすがレベルが違います。
でもパウダーはいいですね。
とりはコガラかハシブトガラでしょうか。

投稿: yamamoto | 2010年1月 5日 (火) 15時26分

yamamotoさんへ→
 視界は50m以上あったので本当のホワイトアウトではありませんが、たった100m標高が違うだけで別世界でした。
 野鳥は小さな声で短く軽いエンジン音の様な鳴き声でした。

投稿: kiyatchi | 2010年1月 5日 (火) 20時13分

北海道の山は、1.000mを越えると植生ががらっと変わりますね。

自分の足で登る、下りるのがもったいなくなりますね。
誰も滑っていないパウダーを滑るのは気持ちが良いですね。
羨ましい!!

運動できずに、60K間じかとなっています。

投稿: yyy | 2010年1月 6日 (水) 21時17分

yyyさんへ→
 本当に森林限界を超えると世界がかわりますね。滑りを楽しむだけだとそこまででいいけれど、頂上を目指すと真冬は相当困難です。
 よしださんのページを見るまで60kの意味が分かりませんでした・・。

投稿: kiyatchi | 2010年1月 7日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/32867937

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山1150mまで:

« 12月のトータル、2009年のトータル | トップページ | 野口健さんの戦没者遺骨収集 »