« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

町民水泳大会

町民水泳大会
  今日は、朝ルスツに行ってyamamotoさんの携帯を捜索した後、トレイルランのスタート(30km、10km、5km)を応援しました。20年ほど前に山でお世話になった方々が、山岳連盟の役員として活躍されていました。

 その後、倶知安に戻り、町民水泳大会で子供達の応援をしました。小さな大会ですが皆一生懸命泳いでいました。この春から新たに若いコーチが加わって、昨年に比べて少年団のレベルが上がったように感じます。

町民水泳大会

 終了後、旭が丘で水泳少年団の焼き肉会です。子供たちは青空の下、開放的になりどんどん山を登っていました。焼き肉終了後は近くの池で、小エビ捕まえ大会になりました。皆素手で小さな小エビをすくって、大きいのやら小さいのやら全部で20匹くらい捕まえました。私も童心に戻り、膝まで水に浸かって楽しみました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

ルスツロゲイニング3

ルスツロゲイニング3

 上が今回の地図です。ルスツリゾート周辺部が写っていますが、実物はこの4倍以上の範囲で、2万5千分の1の縮尺でA2版でした。

 下が、チーム「マケドンスコ」の速報リザルトです。減点770点が悲しい。

ルスツロゲイニング3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルスツロゲイニング2

ルスツロゲイニング2
 山から下りた後は一番遠い鈴川の奥から山越えでスタート地点に戻る計画で行きました。途中、ポイント「175」はタカラ牧場でした。スタート地点で主催者からソフト無料券が配布されていたので、しっかり頂きました。

 平地ランで予想以上に時間がかかっており、国道276から山越え林道に入ったあたりから、計画を少しずつ短縮していきましたが、それでも間に合わなさそうなので、大幅に計画を変更し、舗装道路で鈴川から国道に出てまっすぐ帰ることにしました。しかし、すでに5時間以上走り続けていますので、なかなかスピードが上がりません。

 ゴールは3時まで。それまでにゴールしないと減点されます。実は要項を良く読んでおらず、減点の割合が1秒1点でした。それは1分で60点も減点されるという事です。

 ゴールしたのは3時15分頃。ゴール間際やゴール後に留萌の珍念さん・シーサーさん、しょうきちさん夫婦、A井さん、遠く離れたポイントでN中さん親子などにお会いすることができました。

 得点を見てびっくり。獲得した得点は720点。時間減点が770点。総得点何と-50点。6時間以上必死に走って(yamamotoさんの測定器では約45km)、何もしないよりも低得点とは・・。その後表彰式がありましたが、減点が無ければ私たちの得点は6時間男子の部で2位。1位が780点でしたから、無理に尻別岳に登らずに、時間内にきちんと帰ってくれば優勝出来ていた可能性が大きかったと思います。それだけにyamamotoさんと少し落ち込んで(yamamotoさんは携帯の件もあったと思います)しまいました。同時に、来年は尻別岳に惑わされることもなく、冷徹に勝つための戦略を実行しようと、決意しました(今だけ?)。

ルスツロゲイニング2

 yamamotoさん、珍念さん、シーサーさんとともに留寿都温泉に入りましたが、靴下を脱いでビックリ。ちょっと痛いなとは思っていましたが、こんな大きな血豆が出来ていたとは。練習不足がてきめんに出てしまいました。

 明日は子供の水泳大会があり私は出ませんが、同じく留寿都でトレイルランニングの大会があります。2日間出る人はすごいと思います。私も出たかったのですが、この指ではいずれにしても無理だったでしょう。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルスツロゲイニング


ルスツロゲイニング
 今日はルスツロゲイニングでした。ロゲイニングとはオリエンテーリングの変形で、スタート時に地図を渡され、6時間(3時間の部もある)で各チームが好きなポイントを取って来るという競技です。遠く難しいポイントは得点が高く(120点)、近く楽なポイントは低く(30点)なっています。中間的なポイントは60点です。

 写真は6時間の部のスタート前説明会です。この後、スタート10分前に地図が渡され、各チームはどこがポイントが高いか、どう回れば効率的か短時間で作戦をたてます。

 私はyamamotoさんと「マケドンスコ」というチームで出場しました。地図を見ると、思っていたよりもずっと範囲が広く、広島峠手前の鈴川とかも含まれていました。平地中心に遠くのポイントを回った方が高得点出来そうでしたが、どうしても登ったことのない尻別岳(頂上は120ポイント)に行って羊蹄山を見たくなり、yamamotoさんに無理を行ってまずそちらに行ってしまいました。

 これは、作戦的には明らかにミスで、というのも、尻別岳の頂上は1107m、この標高差は時間的にも体力的にも無駄が多すぎます。しかし、行ってしまいました。

ルスツロゲイニング

 これが尻別岳からの眺望です。オレンジの旗がポイントで、ここにスタートで配布された電子カードを接触させると、自動的に時間や得点が記録され、ゴール後すぐにコンピューターにより成績表が印刷されます。けっこうハイテクです。オリエンテーリング協会は、こういうあたりは大変先進的で正確です。

 さて、尻別岳登りにポイント取りながら1時間15分、下りはリフト下の道が途中から悲惨なヤブこぎになり、45分で計2時間もかかってしまいました。しかもyamamotoさんはこのヤブの途中で携帯電話を落としたことを、後になって気づきました。また、私は久々のトレイルシューズで、右足親指にまめが出来たような感覚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

夏の終わりの・・

夏の終わりの・・
夏の終わりの・・
 朝ランで私の前をあるいていたウォーキングの人が道路にひっくり返っているのをみつけ、すぐ後ろを走っていた私が持ってかえりました。ニセコ酒造の前です。まだ生きています。手袋からはずすのに苦労しました。近くの木に返しましたが、余命は幾ばくもないのかも。

 この直後に、下の息子がランをしていてミヤマクワガタの雄を見つけ、服につけて走って帰ってきたそうですが、途中で落ちていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

秋の朝、イワオ連山


秋の朝、イワオ連山
  朝のニセコ連峰です。シルバーウイークはブルベの2日間以外日中は全て仕事が入っていますが、早朝にこんな風景に出会えると満足です。今朝はリハビリぎみに10kmランをしました。

 ニセコアンヌプリとイワオヌプリ、ワイスホルン。子供の頃からいつも見る山だけれど、アンヌプリは随分リフトのために傷つけられています。ここの中心は実はイワオヌプリ。アンヌプリ、ワイスホルン、ニトヌプリ、モイワ山は外輪山で、イワオヌプリが洞爺湖で言えば中島にあたるそうです。歴史的にも硫黄が採れたためアンヌプリも含めてイワオヌプリと言われていたそうです。

よ

 さて、反対側を見ると羊蹄山の麓、尻別川の上にもやがかかっていました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

恵庭600なんとかゴール

なんとかゴール
 ゴールしました。30時間42分。4番目のゴール。風の条件は良かったのですが,タイムは2年前の滝川600とほぼ同じでした。

 日高に出てからは、追い風にもかかわらずだらだら走行となってしまいました。またねむくなり2度バス停で仮眠(5分と20分)してしまいました。日高のバス停はとても快適です。きつかったのが交通量の多さと時折現れる上り坂。特に富川からの2つの斜度がきつかった。固定ギアなので坂の傾斜が体感として正確に分かります。

 鵡川から追分までは1200の時は本当に地獄でしたが、今回は割とすんなりと行きました。ゴールではこうたんさん、O倉さんが待っていてくれました。

 寝ないで走った二人はかなり速いタイムでゴールしていましたが、二人とも天馬街道下りの数百匹の鹿(自転車と併走するものもあったそう)の恐怖を語っていました。

 風呂に入り、6時頃までゴールを迎え、家に帰って(途中1時間近く車で仮眠)食事をとったら、9時過ぎから朝まで爆睡。起きると全身筋肉痛です。腕、肩、腰、足。ダンシングのためと思いますが、今まで自転車に乗っていて痛くなったことがないところばかりです。でも、膝は痛くないし、故障箇所は全く無いようです。

 恵庭600、支えて下さった皆さんに感謝です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

9速縛りはきつい

9速縛りはきつい
 4時過ぎに広尾町豊似を一人で出発。夜明け前の天馬街道は寒かったけど、美しかった。そして徐々に登りはじめる。トイレまで4kmとかの看板があり、そのトイレが頂上かと思いきや、そこからさらに6%とかのきつい登りが始まる。

9速縛りはきつい

 9速しか使えない状態には辛すぎる。ダンシングで登るしかないけど、途中で止まったら立ちごけするかもしれないし、走り始めるのが大変そう。特に橋の上はそのまま橋から落下するのではという恐怖との闘い。時速10km以下には出来ないし、途中で止まると、走り始めるのが大変そうなので、自分でも信じられないけど、この峠、一度も止まらずに野塚トンネルまで登りました。

 ここは携帯圏外でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮眠

仮眠
 370km地点の豊似防災ステーションのトイレ。広くて暖かくて奇麗です。ただ光が明るすぎるのが難点。S原さんと私はここで仮眠。私はここに12時から4時までいました。T谷さんとK山さんは手前の大樹道の駅に仮眠。少し遅れて大樹に着いたS藤さんと旭川Tさんはその後眠らずに走ったそうです。

 今回は二つ折りにした銀マット(背中からおしりまで)とレスキューシートのみで、シュラフカバーは持ってきませんでしたが、これで充分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

シークレットサービス

シークレットサービス
 真っ暗闇の中、満天の星を見ながら、S原さんと2人で先頭を走っていると、暗闇の中に自転車ライトがこっち向きに光っています。真っ暗な中に、ブルーシートやキャンプ椅子・テーブルなどを広げて、奥さんとともにasunaroさんが臨時休憩所をを設けていてくれました。

 紅茶、パン、そしておいしいスープカレー(これは佐々木さんの提供だそうです)、最後にあったかいココア。コンビニどころか農家すら無いナウマン国道、暖かいおもてなしに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

池田

池田

 9速(39-12か52-12しか選択肢はありません)で狩勝峠を越えましたが、傾斜が意外と緩く、ダンシングもそれほど辛くありませんでした。日高でメカをいじっているうちに先頭集団とは大きく離れていましたが、屈足のセイコマで牛丼を食べていると、一人以外はソバを食べていたということで合流できました。

 屈足から池田までは、栃木から参加のS原さんと学生時代レーサーだったK山さんの3人で高速バトルとなりました。220km以上走った後の夜なのに、弱い向かい風の中、最初は32km/hくらいだったのが、戦闘、いや先頭交代を繰り返すうちに35~38km/hのかなりなアベレージ走行となりました。これくらいのスピードだと、39-12でちょうど良かったです。三人とは別に、その前後をS籐さんがマイペースで走行していました。

 池田に着くと、先頭を走っていたT谷さんがいました。池田からはS原さん、T谷さん、私の3人で走り始めましたが、ナウマン国道に入る前にS原さんと私の二人になりました。真っ暗なナウマン国道、ほとんどS原さんに引いてもらい、登りでは苦痛のダンシング。気持ちも切れかけた時に、asunaroさんの臨時休憩所がありました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9速ピスト?

 出発してすぐに一人飛び出した人を集団が追いかけ列車はバラバラ。風は追い風で快調に走っていたのですが、平取あたりから、自作の変速機があまりシフトアップしなくなりました。変速機の固定が甘く、少しずつ後ろにずれ、さらにアウターケーブルが変速機の中に巻きこまれてしまいました。
9速ピスト
 日高でスタッフのyyyさんにリタイアを申し出ましたが、「時間はあるし、お行きなさい。いざとなったら骨は拾ってあげるから」と言われ、出発しました。しかし、日高から占冠の登りで、変速機をいじっているうちに完全に故障。リアは一番重い9速に固定されてしまいました(ワイヤー無いのと同じ事?)。ダンシング(立ち漕ぎ)しましたが、あまりに重くて止まって立ちごけしそうです(この恐怖はその後きつい登りの度に続きます)。

9速ピスト

 途中でスタッフカーに乗って応援に回ることになるなと思いながら、行けるところまで行こうと、狩勝峠の登りへと向かいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恵庭600出発前

 携帯でアップしたものを、自宅のパソコンで追加修正します。
恵庭600出発前

 今回は32名が参加。出発地点の恵庭です。コースは恵庭ー日高ー狩勝峠ー池田ー大樹ー野塚トンネルー日高ー恵庭の600km。朝8時スタートで制限時間は40時間です。

 

恵庭600出発前

 私のマシン。今回もリアキャリアを装着しました。このあとメカトラブルとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

変速機完成

変速機完成
 デュラのSTIをオークションで落とそうとしましたが、負け続け、最終手段で中古部品屋からこの変速機を購入。届いたのが今日の昼過ぎです。車体本体はアルミでチューブが太いため、DHバーに付けることにしました。

変速機完成

 取り付けた状態です。本当はもっと先端に付けて、バーエンドシフターみたいにしたかったのですが、車体から遠くなるとハンドルをきっただけで勝手に変速してしまうので、手元の方に付け換えました。1速から8速まで変速します。ただ、シムが薄く、固定が少し不安です。元のSTIはシフトワイヤーを切り、ただのブレーキになりました。

 固定に比べると天と地の差。600はこれで精進します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

朝の羊蹄山逆まわり2

朝の羊蹄山逆まわり2
夜明け前の羊蹄山です。富士見方面から

朝の羊蹄山逆まわり2

山の上だけ朝陽が当たっています。巽方面から。上の写真からほんの5分後です。

今日は5時過ぎから自転車で一周しましたが、光の具合を変えたくて、いつもとは反対回り(時計回り)に回りました。ギアは相変わらすフロントのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝の羊蹄山逆まわり

朝の羊蹄山逆まわり
 朝日のために自転車の影が出来ています。京極から真狩の途中。上の写真からさらに20分ほど後です。

 寒いけれど(8℃)気持ちの良い朝でした。秋晴れになることを予感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

朝の羊蹄山一周ピスト?

朝の羊蹄山一周び
朝の羊蹄山一周び
 相変わらす固定ギアのままですが、600kmのブルベまで一週間を切って、焦って毎日練習を始めました。固定ギアにも慣れましたが、avgは27.7km/h。下りが遅いし、微妙なチェンジが出来ないのは辛いです。

 さて、羊蹄山の写真、携帯で撮りましたが、露出を3段階で変えることが出来ることに、気付きました。上が絞ったもの、下が開いたものです。夜とかは、もう少し写しやすくなるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

ピスト?で羊蹄山夜一周

 STIを地元の信頼できる店に持って行きましたが、ワイヤーではなくSTIそのものがダメなようです。巻きこんだワイヤーをペンチで引っ張ると一旦は先端が出てきましたが、もう一度組んでシフトダウンした後は、二度とシフトアップできず、今度はペンチで引っ張ってもワイヤーが出てこなくなりました。

 5速17tで固定してもらい、とりあえず600も近づいて来ているので、練習に夜出ました。実は札幌829から全くバイクに乗っていません。ライトを装備し、羊蹄山一周しました。星が奇麗でしたが、放射冷却で大変寒かったです。フロントは52tと39tの切り替えはできるので、ピストというより2段変速のママチャリみたいでした。それでも羊蹄山一周程度の起伏ならば、何とか走ることができました。きつい登りはダンシングするしか選択肢はなくなります。下りは、40km/h以上は加速できません。avgも随分下がりました(練習不足が原因でもありますが)。

 もしもこれで600を走るとしたら・・無理です。リアを19tか21tに固定し、何とか峠を登れるようにして、下りは惰性のみとするしかないと思います。その前に中古のSTIを入手するのがベストだと思っています。

 デュラエースのフライトデッキ(自転車のギアやホイールと連動したメーター)の表示を見ると、1速の27tを表示しています。その状態でワイヤーが動かなくなっているということでしょう。面白いのはケイデンス(クランク回転数)が100~150になっていること。本当は5速に入っているのに、1速に入っているとフライトデッキが錯覚しているのです。ホイール回転数からのスピードとSTIのギア比から自動的に計算してケイデンスを出しますから、こんな珍現象が見られます。

 先週、先々週と2週続けて土日が仕事で練習時間を確保出来なかったとはいえ、600を前にあまりの練習不足。モチベーションの低下もあるのでしょう。夏ならば仕事のあとにどんどんナイトランもしていたのに、今は寒いし、朝は暗いし・・。どうしましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

NACトレイルラン

NACトレイルラン
  13日はNACのトレイルラン大会でしたが、私は11日から2泊3日の出張でした。下の息子がクロカン少年団の子供たちとともに、3kmの部に参加していました。3時半から行われた表彰式と抽選会だけ私は顔を出しましたが、何人かの知り合いの人とお会いすることができました。

 息子は、雨の中、時には四つんばいになり、小川に落ち、ドロドロになって帰って来たそうですが、開口一番「来年もまた出たい」と言ったそうです。

 さて、抽選会、参加者がたいへんお多いにもかかわらず、息子はアルペンホテルの温泉プール招待券をゲットしました。自分で言うのも何ですが、下の息子と私は、色々な大会でかなりの高確立で何か頂いています。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

STI不調


STI不調
 デュラのSTIが不調です。ブルベ829札幌200の最後の方でリアが5速までしか入らなくなりました。その後も直らず、今日は一速(27)しか入らなくなり、パーツクリーナーをかけまくったら、また何とか5速まで入るようになりましたが、12-15あたりは使えません。フロントは問題なしです。

STI不調

 デュラの9速7700系です。来週600kmを控えていますが、どうしたものか・・。ショップに持って行って直るものなのか。もともとオークションで「硬いのでジャンク扱いで」という条件のものを入手し、自分で組んだものです。もう限界なのかもしれません。600kmは高回転重視でこのまま行くか??

 機械にも1200のダメージがあったのでしょうか。単に整備無精すぎるだけでしょうか。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

レストランkame

レストランカメ
 なかなかたどり着けない内緒の場所にあるレストラン。森をさまよったヘンゼルとグレーテルの気持ちでした。調理もおいしくとても素敵な店でした。

レストランカメ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

今朝の羊蹄山・ルスツロゲイニング

今朝の羊蹄山
  今朝の羊蹄山です。このところ、朝気持ちの良い快晴の日が多いです。今朝は軽くランをしました。昨日はまだ痛くてランできず、本当にゆっくりバイクに乗りました。バイクとランで共通して痛い筋肉がどこなのかが分かります。

 北海道マラソン結果が新聞発表され、「知人の○○さんより速かったからすごいですね」みたいな事を別々に3人に言われました。北海道マラソンの知名度と参加者の多さはやはりすごいのですね。北海道マラソンの参加賞の中に、来年の北海道マラソンまでのスケジュールと練習計画ノートが入っていました。

 勝手にトライアスロンが終わり、少し目標を喪失中です。目下の楽しみは、ルスツのロゲイニングと黒松内駅伝かな。NACアドベンチャーレースが無くなったかわりに今年からロケイニングが始まります。6時間の山の中の宝探し。9月26日(土)。翌日にはルスツトレイルランもあります。まだ申し込み間に合います。大変楽しみです。詳しくはhttp://www.rusutsu.co.jp/summer/event/outdoorfestival2009.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

8月のトータル

 さて、8月は膝の痛みに耐えながら、北海道マラソンに向けてランの練習に精進しました。バイクは膝が痛く、例年の夏に比べるとほとんどできませんでした。その代わり、ランの月間距離は過去最高になりました。

 ラン324km+バイク359km×0.4+スイム9.7km×4=506

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »