« ミレーのトレイルランシューズ | トップページ | 函館1日目 »

2009年7月30日 (木)

膝痛は痛風の発作だった?

 本日、医者に行ってきました。週に一度だけ来てくれる膝の専門の遠山先生。すぐに「痛風の発作では?」と言われ、そう言えばアキレス腱が痛かったのもかつて痛風の発作が出た時に似ていました。レントゲンでも特に大きな膝の異常はないようでした。

 それにしても、この整形外科の遠山晴一先生、アスリートに大変理解があるというか見抜いているというか。自転車のレースでなった旨を伝えましたが、「やっているのは自転車だけじゃないでしょう。次のレースは何ですか」とすぐに聞かれました。東川トライアスロンと答えると「ああODだから何とかなるかな」(ODとはオリンピックディスタンスの意味だと思います)「練習はしていいんですか」「するなといってもするでしょう。大腿四頭筋の付着部が炎症を起こしているので、順番としては水泳、自転車、マラソンの順に優先してやると良いでしょう。登りで負担をかけるトレイルランはあまりしない方が良いです」(トレイルランという言葉も医者の方から出てきました)

 そうして出された薬はボルタレンの湿布とロキソニンの飲み薬のみ。「痛みを抑えてでもしっかりやれよ」と医者に言われているのか、痛みを抑えてでもトレーニングする人達ばかりを相手にしているのか。とかく整形外科の先生とは、「運動は控えて下さい」「それなら○○ならばやっても良いですか」「あなたは本気で治す気があるのですか」みたいなパターンで気まずい感じになる事が多かったので、拍子抜けというか、気持ちよかったです。

 考えてみると、高尿酸値症ということで10年くらい前から薬をずっと飲んでいたのに、転勤を境に薬を飲むのをさぼったまま1200に出てしまいました。筋肉の酷使と雨などのため少なかった水分補給。発作が出てもおかしくない訳です。でも、原因がはっきりしたので、そこを気を付けながらトレーニングすることができます。北海道マラソンも出ることができるかな。ただし、この3週間、ほとんどランの練習をしていないのは、痛いです。

 あすから3日間、息子の水泳大会の応援で函館です。

|

« ミレーのトレイルランシューズ | トップページ | 函館1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいですね。さすが専門医。
何より、原因がわかり良かったですね。
忠別に向けてトレーニング楽しんで下さい。

投稿: yamamoto | 2009年7月30日 (木) 21時22分

そんな持病をお持ちだったんですね。油断禁物です。でも医師の対応、素晴らしいです。僕もかかりたいくらいですが、ウチの職場は医者変えにはうるさいんですよねぇ。今の医師にもうちょっと相談してみます。くれぐれも無理はなさらないよう、でも頑張って下さい(笑)

投稿: こうたん | 2009年7月30日 (木) 21時53分

う~ん。原因がわかるって、よくなるための道筋や再発の防御ができるので、気持ちがぜんぜん違いますよね。
私も最近になって自分の膝痛が膝を高くあげて踏みこむことからきているということに気づきました。遅すぎですね。
それにしても良かった、良かった…(^^)/ 
失礼これからですね。知力・体力で乗りきってください。

投稿: asunaro | 2009年7月31日 (金) 00時19分

yamamotoさんへ→
 本当に良い医者の情報を教えて下さりありがとうございます。行ってみて、昨年のアドベンチャーの時に来たことを思い出しました・・。


こうたんさんへ→
 遠山先生、同姓同名かもしれないけれど、北海道マラソン完走しているようです。こうたんさんの指も、早く良くなるようお祈りしております。私も昨年の1000kmの後で、左小指と薬指が3週間ほどしびれていましたが徐々に回復しました。


asunaroさんへ→
 膝のあげ方については、魔神さんが「クランク170mmとかは日本人には長すぎる」と言っているのを思い出しました。身長の10分の1は欧米人には合うけど足の短い日本人はさらに短くて良いのではないかということでした。私は164cmの身長で170mmを使っていますが・・。

投稿: kiyatchi | 2009年7月31日 (金) 07時24分

へ~。痛風持ちだったとは意外ですね~。

投稿: K父 | 2009年7月31日 (金) 09時06分

ブルベ後のkiyatchi さんの調子が今ひとつのようでしたので、わたしも安心してサボッてましたが、こうなるとこちらも気合をいれなければ!

投稿: HOSOYA | 2009年7月31日 (金) 17時55分

K父さんへ→
 尿酸値が薬を飲まなければ8.5くらいあります。でも、発症はほとんどしないのですが・・・。

HOSOYAさんへ→
 1200での走り、すごい集中力でした。私は到底ついていけません。それ以上気合いを入れないで下さい・・・。

投稿: kiyatchi | 2009年7月31日 (金) 23時28分

そうだったのですか。
自分も膝に不安を抱えて居るので気にして見ていましたが、原因がはっきり分かって良かったですね。

自分も函館の職場の後輩で痛風の奴が居まして、良く足を腫れさせていましたよ。
歩くのもツラそうで、治るまで大体2〜3週間も掛かっていましたかね。
痛風は昔は贅沢病とか言われて誤解されていましたが、ほとんどは体質らしいですね。

以前いた自転車チームのエースでツール・ド北海道の選抜に何回も選ばれている強力なアスリートも痛風で悩んでいました。

なかなか完治は難しいでしょうが、早く症状がおさまるといいですね。

投稿: まるトラ | 2009年8月 2日 (日) 22時55分

まるトラさんへ→
 お気遣いありがとうございます。痛風というより、遺伝的に高尿酸値症の様で、発症は今回の様に軽くしか出ないのですが・・。
 リベンジ1200、本当に参加されるのですよね。あの距離をサポート無しで行くのはすごい事です。成功をお祈りしています。

投稿: kiyatchi | 2009年8月 3日 (月) 21時11分

はじめまして。医療探偵をしているアスクレピオスです。
痛風の根本的な原因を突き止めたのでお知らせします。

詳しい事はホームページに書き記してあります。よろしければご覧下さい。
また、もし差し支えなければ痛風撲滅運動を広めるために相互リンクして頂ければ幸いです。

貴サイトへのリンクを貼ってあるページ
痛風.asia/link/

ブログ・ブラウザが日本語ドメインに対応していない場合は、
ピュニコード(日本語を英数字に変換したもの)をご使用下さい。
xn--nsy855e.asia

希望リンク名:痛風 - 医療探偵アスクレピオス

投稿: 医療探偵アスクレピオス | 2013年4月 3日 (水) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/30761758

この記事へのトラックバック一覧です: 膝痛は痛風の発作だった?:

« ミレーのトレイルランシューズ | トップページ | 函館1日目 »