« 完走 | トップページ | ビッグスイム洞爺 »

2009年7月20日 (月)

1200試走を振り返って

 2009年7月16日(木)から20日(月)の足かけ5日間で、1200kmの試走を完走しました。20名が参加し、9名が完走、私は2番目にゴールしました。スタッフや応援の方々、本当にどうもありがとうございました。また、走行中にコメントを頂いたyamamotoさん(お見送りも)、まるトラさん、asunaroさん(お出向かえも)、どうもありがとうございました。1200kmを簡単に振り返ってみます(簡単にはいかないけど・・)

1日目(スタートから幌加内まで)走行距離;160km

 夜8時にスタート。新十津川までは追い風基調もあり、高速走行に。気付くとyyyさんと私だけで先頭を回していました。平均30km/h以上です。新十津川からはHOさんと二人旅。幌加内の道の駅で私だけが仮眠(午前2時)。私が眠っている間に多くの人も仮眠、あるいはそのまま走行を続けたようです。

 

2日目(幌加内-美深-天塩-稚内-猿払)320km

 3時間弱の仮眠。眠り足りないと思ったけれど、私以外全員出発している。5時前に出発。美深までに6人、音威子府までに7人、天塩までに3人、稚内までに2人抜きました。何人かの方と少しお話を出来て嬉しかったです。天塩のあたりは晴れていて気持ち良かったです。天塩の道の駅に皆さんいて、私は豚丼とシジミ汁を食べました。サロベツ原野は斜め向かい風の中、30km/hを越えて走れました。稚内を過ぎた所でyyyさんに追いつき、そこからは2人で強烈な向かい風の中を走りました。HOさん以外は全員追い抜いた事になります。宗谷岬ではyyyさんはソフトクリーム。気温11度信じられません。猿払までも強烈な向かい風とアップダウン。リタイア者が出るのではないかと思いました。それほど強い向かい風でした。猿払の道の駅では、美味しいスープカレーを頂きました。19時半頃一人で出発。しかし強烈な向かい風と睡魔で進まず、浜頓別を10キロほど過ぎたバス停で少し仮眠。気付くと12時。面倒になりシュラフカバーを出して本格睡眠。

1200_3

3日目(浜頓別-雄武-上湧別-留辺蘂-陸別-池田)320km

 朝6時前に出発。計7時間このバス停にいました。この時点では気付いていなかったのですが、雄武のCP閉鎖時刻が8時32分で、リタイアしない人は夜中までに出発し、ほぼ全員に抜かれていました。しかも相変わらず強烈な向かい風の一人旅、タラタラ走行が続き雄武着は9時40分くらいです。しかしその時点では全くタイムオーバーに気付いていませんでした。1200のタイムは600までが条件がきつく、そこから緩くなっているのです。そういう事情は膝を傷めても走り続ける吉田さん達から聞きました。上湧別からは、やっと風向きが変わり、天気も良くなり最高に気持ちよかったです。生田原から留辺蘂に向かう峠で雨が降り出し、ちょうどそこへスタッフの佐々木さんやN美さんが励ましに来てくれました。温根湯のCPにはこうたんさんがいました。ここまでクロモリのクロスバイクで、しかも2時間しか寝ていなそうです。そこから先は激しい雨。陸別も通りましたが、雨の陸別の割には寒くありません(16℃?)。本別を過ぎ、池田にある「北物語」という宿泊所に23時半頃到着。ここは素晴らしい。風呂もあるし、洗濯機と強力なストーブがあるので、どんどん乾いていきます。15人近くが一緒にいたのではないでしょうか。

1200_4

4日目、5日目(十勝-えりも岬-鵡川-岩見沢-ゴール)400km

 朝4時半過ぎに前日夕方には到着していたHOさんを追いかけて出発、大樹でまで一緒に走りましたが、私が先に補給が必要になり別行動に。黄金道路は大変な大雨で、その後通行止めになり、遅くに出発した人は天馬街道を越えたそうです。えりも岬に着いた時、HOさんが出発するところでした。強烈な風と雨。顔が痛い。耳の中に雨粒が直接杯って来る。たまらずラーメンを食べに食堂へ。海鮮ラーメン以外のメニューが無い。990円。えりもから様似までも、雨は止んだけれど自転車が傾く強烈な横風・下り坂で追い風・突然の横風と一瞬向かい風。自転車で走行するのは危険です。様似を過ぎた所で段差でパンク。リムうちというよりバルブが圧力に耐えられず壊れたみたいでした。新チューブをCO2ガスで充填するも、パンパンには入りません。手を洗おうを入ったコンビニでまたもや佐々木さん御一行と出会い、空気入れを貸してもらいました。様似から鵡川までは追い風。鵡川から国道234に抜ける道道10号は逆から夜に入って行くと、こんなに長いのかという感じでした。234に出てゴールまで70km(岩見沢まで30km)地点で20時ごろ。調子が良ければその日のうちにゴールできる距離だけれど、疲れているし、逆風だから、1時ぐらいになるかなとその時点では思いました。しかし、強烈で冷たい雨と向かい風に睡魔が襲って来ました。ふらつくと車道に出てしまいますから、休むしかない。バス停や駅、コンビニで止まりまくり、10分から30分位の睡眠を取ります。結局岩見沢までの30kmに6時間近くかかってしまいました。(明日も続くのなら、完全に長時間睡眠を取るパターンですが、ゴールが近いので、本格睡眠はしないで私なりに頑張りました)私は、寝ないと走れない人間です。この岩見沢までの区間が、最も辛かったです。左膝も1100過ぎから少し痛くなってきました。夜が明けかけた4時半にゴールしました。HOさんに次いで2番目でした。その後、14時にこうたんさん達がゴールするまで、モエレにいました。皆さんとお話できて楽しかったです。佐々木さん、坂村さんを始め、みなさんお疲れ様でした。

~思いつくままに振り返ってみて~

●他の人がどう走るにしても、私はきっちり睡眠を取らないと危ない。ただ、夜スタートや600までなら、2時間程度の睡眠でもいいかもしれない。

●岩見沢に向かう寒い時、レスキューシートを体に入れたら少し楽になった。

●途中関門の時間はきちんとチェックしないといけない。

●激しい風よりも山登りの方が好きかもしれない。(オホーツクは長すぎる)

●最初から飛ばしすぎるスピードはK隊長とともに抑え、出来るだけ長い列車を作る。

|

« 完走 | トップページ | ビッグスイム洞爺 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

自転車も速ければブログUPも速いですねw
やはり kiyatchiさんは登りですか・・・・
僕は向かい風のほうが好きです(笑)
といっても遅いもんは遅いんですけど(泣)
留辺蕊からの恩根湯峠~池北峠と何故か野塚峠・・・
めげました。今回向かい風では一度もめげてないですw
今朝方のRHでの仮眠で漸く6時間半の仮眠となりました。
寝坊しなければ4時間半で終わる予定だったんですけどね
又今度一緒に?走れるのを楽しみにしています。

投稿: こうたん | 2009年7月20日 (月) 22時39分

ブルベ中のバス停7時間超の睡眠は記録かも!?
お楽しみ様でした(^^♪

投稿: anyan | 2009年7月21日 (火) 00時11分

完走おめでとうございます。
しっかり睡眠をとってのこの時間って立派です、流石ですね。

投稿: おぐら | 2009年7月21日 (火) 02時03分

こうたんさんへ→
 完走おめでとうございます。感動的でした。オホーツクの向かい風を苦にせず進むのは凄いです。眠らず進むのも凄いです。最後のスプリントは呆れました・・。

anyanさんへ→
 ポイントポイントに不思議とanyanさんがいてくれて本当に助かりました。走りたいのにサポートして下さり、ありがとうございました。

おぐらさんへ→
 うさぎとカメでいうと、完全なうさぎですね。うさぎは最後、負けるのでしたっけ・・。どうすれば眠らないで走れるようになるのでしょう・・。

投稿: kiyatchi | 2009年7月21日 (火) 06時49分

kiyatchiさん
亀も眠ります。頑張れるのは600㎞まででしょうか、遅い速度を補うために仮眠なし、CPでの停止しての食事なしの亀走法でも記録は29時間が限界でした。(今は無理ですぅ ^^)

昔見たTVの『アメリカ大陸横断自転車レース(約5,000㎞)』では・・・脳の休息時間を確保するためにスタッフが眼球をみていて、レム睡眠を確認して2時間ぐらいの睡眠時間で叩き起こして走り続けるらしいです。 そういう人達は幻覚を見ながらでも身体は漕ぎ続けるらしいですが「オールアウト」になると終わってしまうので・・・(^^)

投稿: おぐら | 2009年7月22日 (水) 00時04分

何度も、お付き合い戴きありがとうございました。
新十津川までは、いつの間にか二人でしたね。着いて行くのがやっとで前に出られませんでした。心が折れかけていた時の、稚内から猿払本当に嬉しかったです。おかげさまで猿払までつれて行っていただき、スープカレーに舌鼓を打つことが出来ました。
雨、風と試練を強いられましたが、おかげさまで何とかコールできました。
課題は、ライトです。雨の中ては、LEDライトは役に立ちませんでした。

投稿: yyy | 2009年7月22日 (水) 21時32分

ずっと前を行ってしまったかと思っていたら、いつの間にか後ろから現れたりと神出鬼没の走りに脱帽です。高速走行が生み出す賜物なのですね。うらやましい限りです。

投稿: sapporotaq | 2009年7月23日 (木) 05時27分

おぐらさんへ→
 600km29時間は早いですね。1200で最長と思ったら、5000kmなんてあるのですか?アメリカ大陸だと、サロベツ以上に何も無い所が続くのでしょうね。


yyyさんへ→
 本当にお疲れ様でした。新十津川までは先頭交代していただき、とても楽に走れました。天塩からは行けども行けどもなかなか追いつかなかったです。宗谷岬でのソフトクリームには驚かされました。夜間・雨天の国道走行は、本当に怖いですね。


sapporotaqさんへ→
 いつお会いしても、目が輝いているのが印象的でした。完走出来そうな雰囲気を感じました。でも本当にお疲れ様でした。

投稿: kiyatchi | 2009年7月23日 (木) 06時53分

「飛ばしすぎるスピードはK隊長とともに抑え・・・」に対して一言!
私が前に出た時は、追い越してはいけませ~ん!!。

投稿: K父 | 2009年7月23日 (木) 08時49分

完走おめでとうございます!
陸別の気温塔、自分の時は0時付近だったので13度でした。
脳死状態の自分は充分寒かったです(^_^;)
しかし、えりもでHOさんに追いつくなんて、凄いスピードですね!
脱帽ですm(_ _)m 普段絡まないKiyachi さんと結構いたるところ
で会ったので楽しかったです(^^)/

投稿: よしだ | 2009年7月23日 (木) 17時25分

K父さんへ→
 了解しました。疲れて横に下がるのを待ちます。行っちゃう瞬間ってスイッチが入っちゃうというか・・。でも魔神さんにアドバイスを頂きましたので、長い列車で多くの人がハッピーになれるように努めたいと思います。


よしださんへ→
 天塩までのスピードはかなり速かったですよ。膝、大事に至らなかったみたいで良かったですね。また、ご一緒して下さい。

投稿: kiyatchi | 2009年7月23日 (木) 23時47分

はじめてコメントいたします。

かねてよりPBPに興味を持っていて、北海道1200kmを読ませていただきました。
天気が芳しくなかったようでお疲れ様でした。

私はまだ200kmしか完走していないのですが、いつか北海道1200kmも走ることができるといいなぁと楽しみにしています。

これからもブログを楽しみにしていますね。

投稿: つかぽん | 2009年7月24日 (金) 21時18分

う〜ん、素晴らしい!
とても参考になります。
自分も来年まで待てなくなってきました。
9月のお仕置きに混ぜてもらうかな(笑)

投稿: まるトラ | 2009年7月25日 (土) 10時59分

つかぽんさんへ→
 ご訪問ありがとうございます。私も、ブルベ200km完走したのが3年前です。少しづつ距離は伸びていくとおもいます。いつか北海道へいらして下さい。


まるトラさんへ→
 ツールド北海道をけって、やるんですね。おそろしい記録が出そうです・・。

投稿: kiyatchi | 2009年7月25日 (土) 18時49分

いえいえ、とんでもない。
未知の距離の上、200kmを超えると膝痛が始まるなど不安要素満載で、しかも自分も眠らないとダメなタイプなのでどこでどれだけ睡眠を取ればいいか、など今から色々シミュレーションしています。
ま、それが楽しいんんですけど(笑)

投稿: まるトラ | 2009年7月26日 (日) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/30624792

この記事へのトラックバック一覧です: 1200試走を振り返って:

« 完走 | トップページ | ビッグスイム洞爺 »