« 伊達勝手にデュアスロン | トップページ | 勝手に伊達・ニセコトライアスロン3 »

2009年4月19日 (日)

伊達勝手にデュアスロン2

伊達勝手にデュアスロン2
伊達勝手にデュアスロン2
 受付をしてゼッケンをつけたりしていると、新党大地の鈴木宗男がすぐ側にいて、二言三言話をしてしまった。上の写真は注さんと。荷物を少なくするため、ランの帽子はサイクルキャップのまま。今回はシューズやらなにやら、ブルベ1000の時よりも荷物が大きい。不要な物はバイクにくくりつけるなどしておいた。K村さんと注さんはここまで。

 マラソンはスタート直後は調子が良く、3キロまではキロ4分のペース。しかし徐々に4分半、4分45秒と落ち、10キロ過ぎで5分ギリギリまで落ちてしまった。12キロ付近で後ろから聞いたことのある咳払いと思ったら、クロカン少年団のIコーチだった。私よりも相当年上と思うが、どんどん離されてしまった。

 結局、1時間39分40秒でゴール。これが4回目のハーフマラソンだが、初めて自己ベストを更新できなかった。言い訳として、

1、ランシューズが試合用のが見つからず、練習用の重い物だった(背負う方が大変だった)

2、2年間ほとんどランの練習をできなかったシーズン始めだった

3、パールイズミの3Dパット入りのパンツのまま走った。

まあ、その割には頑張ったか・・。

レース後ラーメンを食べて帰りのバイクにまたがった。

|

« 伊達勝手にデュアスロン | トップページ | 勝手に伊達・ニセコトライアスロン3 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/29188875

この記事へのトラックバック一覧です: 伊達勝手にデュアスロン2:

« 伊達勝手にデュアスロン | トップページ | 勝手に伊達・ニセコトライアスロン3 »