« 羊蹄山登頂 | トップページ | 伊達勝手にデュアスロン »

2009年4月12日 (日)

下山しました

下山しました
下山しました
 朝6時半に半月湖上の駐車場から羊蹄山に登りはじめました。軽いトレッキングシューズでつぼ足です。気温は1℃でしたが、何とか埋まらずに登れました。気温の上昇と高度による気温の低減率の兼ね合いで、ずっと表面の堅い雪を登れました。

 1000m付近(私が西こぶと勝手に呼んでいる小ピーク付近)から角度がさらにきつくなり、氷が滑りはじめたので、10本爪のアイゼンを装着しました(斜度があるので、アイゼンとウインドブレーカーはくのに20分もかかってしまいました)。90cmのショートスキーは背負ったままです。標高1600過ぎに避難小屋が見えましたが、雪に埋もれています。そこからはえまつの上に雪が付いた斜面をしばらく直登すると、突然噴火口が見えました。ここまで登り2時間50分。その後、小火口を越えて倶知安から真ん中に見えるピークに行き、さらに本当のピークに行こうと思いましたが、あまりの強風に背負ったスキーがあおられ、石も出ていたのでやめて、強風の中家に電話しました。(家の茶の間から羊蹄が見えます)

 帰って子ども達に聞いてみると、双眼鏡で黒い点が見えたような気がしただけだったようですが、私が帰ってから見ると、その黒い点が無くなっていたので、やはり私が見えていたようです。ただし、手を振ったりしたのは、全く見えなかったようです。

 その後風の弱まる山小屋付近まで降りて、ブログを書き、食事をしてアイゼンを脱ぎ、スキーをはきました。10時半ごろから下り始めましたが、この辺はまだ凍っていて、エッジが効きません。小火口の緩いところだけ滑ってスキーをあきらめ、今度は軽アイゼンを付けて慎重に下りました。

 標高1100m付近まで、結局スキーをはきませんでした。その辺からは気温が上がって雪が埋まりだし、恐怖感が少し無くなったのでスキーをはきました。初めからスキーを1000m付近にデポしておけばよかった・・。(上の写真は1300m付近から見たもの。左に「西こぶ」が見えます)

 11時40分ごろ、車に戻りました。下の気温は8℃でした。昨日ほどくっきり晴れていなかったのが残念ですが、憧れの雪の羊蹄山に登ることができ、満足です。

|

« 羊蹄山登頂 | トップページ | 伊達勝手にデュアスロン »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/29083210

この記事へのトラックバック一覧です: 下山しました:

« 羊蹄山登頂 | トップページ | 伊達勝手にデュアスロン »