« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

4月のトレーニングトータル

 今日も帰宅が10時半過ぎ。何も出来ずに今月が終わります。

4月のトータル

ラン209km、バイク282km(×0.4)、スイム1km(×4)、クロカン11km(×0.6)

=332(km相当)。

意外と精進出来ていたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

30kmラン

 今日は昨日飲み会で寝坊し、朝は10kmしか走れませんでした。午前中仕事で、午後から天気が良いので(風は強いけど)再びランをしました。五色温泉に向かい、家から10kmのワイスゲートを越えると、日曜日の雪がまだアスファルト上に所々残っていて標高が上がるにつれて雪が多くなり、お花畑の手前で折り返しました。誰もいないこのコース最高!

 途中ビアンキのロードバイクに乗った青年に会いました。昨年ロードを買ったばかりで、乗るのが楽しくて仕方がないという感じでした。

 帰りは少し遠回りして合計30km。2時間58分。LSDのつもりでしたが、キロ6分切ってました。朝の10kmと合わせると本日40km。一度に30km走れるのは足底が使えるからです。ありがたや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

パノラマ300コース

パノラマ300コース
  4月に入り、職場から帰るのが連日20~22時過ぎになっています。朝も疲れが残り、5時にはとても行動出来ません。3月まで週2回18時半から水泳少年団のアシスタントコーチをしていた生活が嘘の様です。

 さらに土日もほとんど仕事が入り、5月の大会は5/5のブルベ200と5/31の苫小牧ハスカップデュアスロンのみ可能となっていました。ところが今日、5/31もダメでそのかわり5/24の洞爺湖マラソンの日が開くことがわかりました。

 1ヶ月後の目標がデュアスロンからフルマラソンに変わったため、夕方から急きょランのLSD練習を入れました。ワイス方面へランです。ワイススキー場の所のゲートで引き返そうと思ったら、さらに除雪はしてあります。ゲートは5/28まで閉鎖と書いてあるけど、明日開けても大丈夫そうです。そう、この道は、ブルベのパノラマ300のハイライトの一つ五色温泉への道です。

 ゲートをくぐってさらに2kmほど走りました。鳥の声と木の音以外何もない、人の気配の全くない世界です。この間来たときには(アンヌプリ860mの時)道路標識に手が届きそうなくらい雪があったのに、今は看板は遥か上です。絶対に自動車が来ませんから、ゲートをくぐってバイクの練習をするのも良いかも・・。道路は完全に乾燥していました。ゲートの下も含めて1時間半くらい、1台の車とも出会いませんでした。

 結局、ランは26km、2時間38分。2年前の洞爺湖の後、足底を傷めて以来1回では最長の距離です。足底が使えるということは、とても楽な事です。しかもナイキのズームエアーは踵にもエアが入っているからフルサスバイクに乗っているみたい?です。

 朝走った7.5kmと合わせると今日のラントータルは33.5km。到底1ヶ月後に迫った洞爺湖マラソンには間に合いそうにありません。自己ベストの更新は無理でも、北海道マラソンにつながる練習にしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

勝手に伊達・ニセコトライアスロン3

勝手に伊達・ニセコトライアスロン3
 帰り道は向かい風、登り基調、一人旅、筋肉疲労、重たい荷物の五重苦。4時間以上かかってしまいました。途中洞爺湖で、歩道に白鳥発見。何やっているのでしょう。

 倶知安に着いたのは6時過ぎ。夕焼けが奇麗でした。バイクトータル158km。

勝手に伊達・ニセコトライアスロン3

 しかしここで考えました。宮古のシーサーはまだ走っているのではと。ここからさらにニセコアルペンホテルのプールまで走って行って泳いで走って帰れないかと。そうすれば私もこの北の地で、ロングのトライアスロンに匹敵する事が出来るのではないか。

 家族は、絶句し。「無視していいから」といわれました。

 第2ラン。初めの2キロはゆっくり走ったつもりでも5分半くらい。これは行けると思ったけど、6分半になり7分になり、ついには最後のひらふ坂で歩いてしまいました。歩くと極端に寒くなり、吐き気もしてきたので、これは限界と考え、プールで家に電話しました。エイドのボランティアや応援のいないランは辛すぎました。トライアスロンは一人で完走しているのでは無いのだと、改めて実感しました。

 スイムは100m続けて泳げない。荷物を背負っていたせいか背中と腕が痛いし、吐きそうになる。いつもの倍近い40分かけて1000m泳いでやめ、車で帰宅しました。

勝手に伊達・ニセコトライアスロン3

 今日のトータル

第1バイク(75km)2時間半

第1ラン(21km)1時間39分40秒

第2バイク(83km)4時間16分、(バイクトータル158kmライドタイム6時間37分)

第2ラン(8km)54分54秒(ラントータル29km、2時間35分)

スイム(1km)40分

家を出たのが7時。競技をやめたのが20時40分。シーサーは何時にゴールしたのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伊達勝手にデュアスロン2

伊達勝手にデュアスロン2
伊達勝手にデュアスロン2
 受付をしてゼッケンをつけたりしていると、新党大地の鈴木宗男がすぐ側にいて、二言三言話をしてしまった。上の写真は注さんと。荷物を少なくするため、ランの帽子はサイクルキャップのまま。今回はシューズやらなにやら、ブルベ1000の時よりも荷物が大きい。不要な物はバイクにくくりつけるなどしておいた。K村さんと注さんはここまで。

 マラソンはスタート直後は調子が良く、3キロまではキロ4分のペース。しかし徐々に4分半、4分45秒と落ち、10キロ過ぎで5分ギリギリまで落ちてしまった。12キロ付近で後ろから聞いたことのある咳払いと思ったら、クロカン少年団のIコーチだった。私よりも相当年上と思うが、どんどん離されてしまった。

 結局、1時間39分40秒でゴール。これが4回目のハーフマラソンだが、初めて自己ベストを更新できなかった。言い訳として、

1、ランシューズが試合用のが見つからず、練習用の重い物だった(背負う方が大変だった)

2、2年間ほとんどランの練習をできなかったシーズン始めだった

3、パールイズミの3Dパット入りのパンツのまま走った。

まあ、その割には頑張ったか・・。

レース後ラーメンを食べて帰りのバイクにまたがった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達勝手にデュアスロン

伊達勝手にデュアスロン

 今日は遥か沖縄宮古島ではストロングマンのトライアスロンが開催されている。留萌アスリートクラブからも友人のシーサーが参加。私は初めて伊達ハーフマラソンに申し込んだが、ブルベの練習でバイクにも乗りたい。そこで自転車で伊達まで行き、ハーフマラソンを走ってまた自転車で帰って来る事にした。

 7時に倶知安を出発。ニセコサイクリングクラブの練習も兼ねた形になったようで、ロス、ベン、マッドも含め6名で出発。彼らのペースだと、マラソン前に潰れてしまうと思ったら、外人3人は留寿都で別方向へ向かった。

 残ったのはいろいろお世話になっているK村さんと、昨年偶然ツールド北海道で再開した中学の同級生「注(ちゅう)さん」。追い風基調の中二人に引っ張ってもらい、2時間半で75kmのバイクが終了。平均およそ30kmだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

下山しました

下山しました
下山しました
 朝6時半に半月湖上の駐車場から羊蹄山に登りはじめました。軽いトレッキングシューズでつぼ足です。気温は1℃でしたが、何とか埋まらずに登れました。気温の上昇と高度による気温の低減率の兼ね合いで、ずっと表面の堅い雪を登れました。

 1000m付近(私が西こぶと勝手に呼んでいる小ピーク付近)から角度がさらにきつくなり、氷が滑りはじめたので、10本爪のアイゼンを装着しました(斜度があるので、アイゼンとウインドブレーカーはくのに20分もかかってしまいました)。90cmのショートスキーは背負ったままです。標高1600過ぎに避難小屋が見えましたが、雪に埋もれています。そこからはえまつの上に雪が付いた斜面をしばらく直登すると、突然噴火口が見えました。ここまで登り2時間50分。その後、小火口を越えて倶知安から真ん中に見えるピークに行き、さらに本当のピークに行こうと思いましたが、あまりの強風に背負ったスキーがあおられ、石も出ていたのでやめて、強風の中家に電話しました。(家の茶の間から羊蹄が見えます)

 帰って子ども達に聞いてみると、双眼鏡で黒い点が見えたような気がしただけだったようですが、私が帰ってから見ると、その黒い点が無くなっていたので、やはり私が見えていたようです。ただし、手を振ったりしたのは、全く見えなかったようです。

 その後風の弱まる山小屋付近まで降りて、ブログを書き、食事をしてアイゼンを脱ぎ、スキーをはきました。10時半ごろから下り始めましたが、この辺はまだ凍っていて、エッジが効きません。小火口の緩いところだけ滑ってスキーをあきらめ、今度は軽アイゼンを付けて慎重に下りました。

 標高1100m付近まで、結局スキーをはきませんでした。その辺からは気温が上がって雪が埋まりだし、恐怖感が少し無くなったのでスキーをはきました。初めからスキーを1000m付近にデポしておけばよかった・・。(上の写真は1300m付近から見たもの。左に「西こぶ」が見えます)

 11時40分ごろ、車に戻りました。下の気温は8℃でした。昨日ほどくっきり晴れていなかったのが残念ですが、憧れの雪の羊蹄山に登ることができ、満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊蹄山登頂

羊蹄山登頂
羊蹄山登頂
今山小屋の近くにいます。噴火口の稜線はものすごい風てした。頂上から家に電話したら、双眼鏡で見えたそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

初めての3本ローラー

初めての3本ローラー
  今日はニセコ羊蹄サイクルスポーツクラブの総会でした。ロス、ベン、ボビーをはじめ、今年自転車買ったばかりの人や女性など速い人も遅い人も分け隔てなく参加していて驚きました。

 そこで、3本ローラーの話しになり、会場を提供してくれたK村さんが、ローラーを出してきて試乗体験をさせてくれました。が、私はすぐに脱輪。漕ぎ方がぶれているという事を指摘され、ローラーに納得させられました。でも逆に言えば、まだまだ改善の余地があると言うことかもしれないので、がっかりばかりしないようにします・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

朝の羊蹄山一周

朝の羊蹄山一周
朝の羊蹄山一周
 年度始め、職務も変わり、連日帰宅が22時を越える日が続いています。トレーニングもしづらいのですが、今朝は5時前に起きロードバイクで羊蹄山を一周しました。

 自動車もほとんどいなく、気温も心なしか温かく、でもまだペダルを回せません。踏んでいるだけです。46kmライドタイムで1時間38分54秒。その後4kmのラン。18分50秒。バイクで手を抜いているからか、足底が使えるからか、キロ5分切りでした。

 写真は下が日の出直前。上が太陽が出た瞬間。ニセコ方面から。ブログを書いていなければ、バイクを止める事などなかっただろうに。

 それにしても、仕事があり、3食食べることができ、こんな綺麗な風景を走れるなんて幸せです。現代の雇用状況や世界の人々の事を考えると罰が当たりそうです。感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

ニセコ連峰歩くスキー大会

ニセコ連峰歩くスキー大会
  今日は蘭越町の歩くスキー大会でした。朝ロードで羊蹄山を一周した後、家族で出かけました。チセヌプリスキー場がスタートでゲレンデなどを登って降りてくるコース。5キロ、10キロ、15キロ、30キロのカテゴリーがあるのですが、スタート時霧と雨のため、全員5キロになってしまいました。しかし、途中から突然晴れて来て、山も見えるようになりました。

 当日参加した、普段クロカンをしていない上の息子が意外に速く登っていました。下りは私はアドベンチャースキーをはいていたので、クロカンスキーに比べてずっと楽でした。

 抽選会では下の息子が三升漬セットをゲット。またyamamotoさんが特賞の温泉宿泊券をゲットしました。順位もタイムも無く、とにかくほのぼのした大会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

3月のトレーニング

3月のトレーニングをまとめてみました。

ラン90km、バイク91km、スイム1.6km、クロカン117km

これをランだとどれくらいの距離になるのか、RANNETなども参考にした独自計算では

バイク×0.4、スイム×4、クロカン×0.6=203km

となりました。大雑把な計算ですが、一応の目安にしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

朝の半月湖

朝の半月湖
  風邪気味なのですが、朝起きると天気が良かったので半月湖に行ってきました。 夏道からアドベンチャースキーで湖畔に降りました。

 湖面の表面にだけ薄くもやがかかっていて神秘的です。ストックで水面をつつくと水がにじみ出して来たので、湖面に乗るのは止めました。その後外輪山を一周しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »